ヲタ亭

そろそろブログタイトルが飽きたので、ここら辺でブログタイトルを変更いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヲタ判定バトン

moe:俺のためにあるようなバトンが回ってきたぞおおおおおお!!


天使:ヲタ判定バトンですよぉー!

みーこ:ホントにこのブログのためにあるようなバトンだな・・・・。

悪魔:というか判定って・・・・ブログ名が「ヲタク達の沈黙」の時点で十分ヲタだと思うわよ。


moe:まぁ、面白おかしく答えていきましょうかね。ちょうどネタ切れの最中ですしね。






問1 ヲタといわれて完全否定できない。


moe:むしろ肯定ッ!!


悪魔:恥じらいをどこに忘れてきたのかしら・・・・。


天使:きっと、もう恥ずかしくないんですよ・・・・。



問2 レンタルビデオ屋で借りるビデオの50%以上がアニメ


moe:いまどき、アニメなんてネット配信でしょう。jk

悪魔:youtubeとかニコニコ動画とか・・・・最近はそう言うサイトが増えてるからね。

天使:ちなみに、悪魔ちゃんオススメのアニメは?


悪魔:のだめ・・・・カンタービレ・・・。


みーこ:こないだ漫画も買ってたな。




問3 アニメを見て一度でも「声優誰だ?」と思ったことがある。


moe:アニメを見るたびに思う。

みーこ:声優って凄いな!?あんなに一杯違う声出せるなんて、宇宙人みたいだ!

moe:宇宙人が何を言う。



問4 ケータイの待ちうけ、デスクトップがアニメ系


moe:ケータイは開くたびに違った東方絵が楽しめる。デスクトップはヘッドフォン娘。

悪魔:でも、こういうデスクトップって見た目は映えるわよね。

天使:悪魔ちゃんのケータイの待ちうけってみーこちゃんですよねー・・。

悪魔:そ・・・そうだけど・・。

みーこ:なんだ?私なのか?

天使:私もみーこちゃ・・・待ち受けにしようかなぁ・・・・。

みーこ:んにゃ?んにゃ?なんで私が待ち受けになるのだ?んむぅ?


moe:よかったなぁ、みーこ。二人も彼女ができて。

悪魔:違うんだからねッ!?そういうのじゃないだからねッ!?


天使:はわわわっ!moeさんは何を言っちゃってるのですかぁ・・・・!?


問5 予約特典目的でゲームを購入したことがある

moe:それは、無い


問6 学校や職場でライトノベルを読んだことがある

moe:もちろんさ!

天使:私も最近は良く読みますよー!

みーこ:私は・・・・・夏目漱石とか梶井基次郎とか・・・・ばっかりだな。


悪魔:・・・・生徒会の一存・・・。


moe:悪魔も立派にヲタだねヲタ。

悪魔:・・・っく。


問7 テレビ欄をみるときは一番下からみる。


moe:そもそもテレビ欄を見ない。


悪魔:というかmoeって新聞も読まないわよね。

moe:まぁな、だってケータイとかパソコンで見れるしね。

天使:現代っ子ですねぇー・・・。


moe:っていうか、これ50問ちょいあるんですけど、このペースで行くと尋常じゃない長文じゃね?



問8 友達にipod貸して!って言われて頑なに断ったことがある

moe:それはないwwwwww


悪魔:っていうか、moeは普通にヘッドフォンをスピーカー代わりにして聞いてるときあるわよね。

moe:うんうん。エロゲの曲を平和な昼食の空間に垂れ流したりとかしてる。

みーこ:迷惑だな。


天使:ですね・・・。


問9 ipodにアニソンが入っている。


moe:もっちろんさー


問10 深夜アニメを録画したことがある

moe:ここの所毎日


問11 検索サイトで声優の名前を検索したことがある

moe:誰しも一回はやると思うんだ、やりますよね?やれよ。


天使:やれよって・・・・・

悪魔:私も二、三回したことあるかも・・・。


みーこ:私はアニメとかあまりみないしな?


問12 普段はシラケキャラ


moe:一人で暴走


天使:たまに誰かを巻き込んでますよね。


悪魔:別名、対人事故製造機



問13 髪の毛が緑、青、赤に違和感が無い



moe:二次元だから許される・・・・そんなことがあっても良いとおもうんだ。


天使:赤色だとなんだかビジュアル系のバンドの人みたいですよね



問14 リアルで2ch用語を使ったことがある。


moe:今日の会話から抜粋「そういえば、この企画どう考えても無理があるだろ。JK」


天使:JKって・・・・。


悪魔:ちなみにJKって何の略なの・・・?


みーこ:じょしこーせー!

moe:この場合のJKは「常識的に考えて」の略語だよ。


問15 アニメ系のDVD OVAを買ったことがある。

moe:DLだろ。今の時代

問16 えろげーを変換すると「エロゲー」と一発変換される


moe:エロゲー

天使:得ロゲー

みーこ:得ろ下ー

悪魔:エロゲー


moe:悪魔と俺だけか。一発で変換されるのは。

悪魔:なんでよっ!?なんで変換されるのよ!?


問:「すずみや」と打って「涼宮」と変換される

moe:涼み矢

天使:凄い矢ですね・・・。


悪魔:寒そうね。


問18 他のヲタを馬鹿にしたことがある


moe:そもそもヲタの基準が分からない。

天使:太っていてメガネかけてて、バンダナ巻いていればヲタなんじゃないですか?

悪魔:それって偏見だと思うわ・・・。


みーこ:そんな珍種がいまどきいるのか・・?



問19 自分の財布をみてみるとゲームの予約券がいっぱい


moe:個人的には予約はしない。発売してからしばらくして、あっちこっちでレビューが出始めた頃にそう言うものを参考にしながら購入する。だから基本積みゲーはありえない。


天使:なんだかそう言うのは真面目ですよね・・・。


悪魔:でも、それだけきちんと調べてもダメなゲームってあるわよね。


みーこ:最近のレビューは大型サイトになればなるほど画一化されたレビューばっかりだからな。ブログとかのレビューの方が参考になる。


問20 仕事中、勉強中にラノベを読んだ事がある


moe:そんな暇はねぇっ!

天使:真面目にやってるか寝てるかですもんね。


問21 アニメ系、ゲーム系のポスターを持っている


moe:ありますね。


問22 それらを部屋に張っている


moe:張ってますね


問23:鼻歌はいつもアニソンだ

moe:これさ、ヲタに対する偏見だと思うんだ。

天使:ですねー・・。

悪魔:ヲタ=いつもアニメみたいな感じになってるわよね。


みーこ:でもmoeは鼻歌の多くはアニメだろ?

moe:最近は岸田教団を中心に鼻歌歌ってる。


問24 体育の授業があると憂鬱だ


moe:むしろハツラツとする


天使:体育の授業のためにオロナミンCを買ったことがあるほど。

悪魔:CMって怖いわね・・。馬鹿にはここまで影響を及ぼす・・・。

みーこ:多分moeだけだと思うけどな?


問25 お気に入りのアニメ、またはゲームのサイトがある


moe:エロサイトでよろしければ腐るほど。


問26 土日は引きこもる


moe:主にバンドの練習、もしくは個人練習、もしくは外出。


問27 アニメのためにトイレを我慢する


moe:録画してあるから大丈夫。


問28 サッカーのオモシロさが分からない

moe:全然わからねぇな。

天使:サッカー面白いですよ!?

悪魔:でも天使ちゃんのはサッカーじゃないわよ。知ってる?サッカーって手を使ったらダメなのよ?

天使:えぇっ!?

みーこ:私はボール遊びなら全部大好きだぞ!?

moe:毛糸球も好きだよな。

みーこ:・・・・・猫扱いしたな・・・?



問29 「オフサイド」って何?って思う


moe:それはどこの国ですか?



問30 野球を見たら延長して欲しくないと思う。


moe:野球に限った話じゃないけどね。スポーツなんて見ても面白く無いさ、やって面白いもんだ。


天使:私はスポーツ見るの好きですけど・・・。


悪魔:私はやるほうが好きかな・・・。


みーこ:私もやるほうが・・・。


問31 良く知ってるスポーツがひとつも無い。


moe:合気道、柔道、ボクシング、テコンドー、空手、太極拳、格闘技ならお手の物。


天使:無駄に鍛えてた時代がありましたからねー・・・。

悪魔:moeは今でも気付くと腕立てとか腹筋とかしてるわよ・・・。


みーこ:リビングで「ふんふん」言いながら腹筋してたな。



問32 コミケにいったことがある   

moe:超いきてぇッ!!

天使:今年の夏はいけると良いですねー・・・。


悪魔:私も・・・・いきたいかも・・・。


みーこ:人が一杯いるところは嫌いだ・・・。


問33 エヴァゲリの綾波の声優が分かる


moe:わからない。


天使:moeさんってロボットアニメみませんからねー・・・。


悪魔:moeがあの手のアニメ見てるところ見たこと無いわ・・・。



問34 人と会話した後に全身が火照ったことが多々ある。



moe:それなんてチキン伝説?



問35  男の主人公で周りが女だらけのシチュエーションに違和感を感じない


moe:まさにこの状況!


悪魔:アンタがいつ主人公になったのよ。


moe:これは俺のブログだぜ?


天使:実質、1番人気は悪魔ちゃんですよ?


悪魔:不思議なことにね・・・。


問36 最近の金の使い道がアニメやゲームばっかり

moe:音楽周りに消えうせる


問37 好きなジャンルの話になると周りが見えなくなる。


moe:はっはっは!間違いない!はっはっは!


悪魔:ほんとに放っておけば勝手に喋り続けるわよね・・・。



問38 夏休み等の長期休暇の大半を家で過ごす


moe:ありえねー!


問39 友達のほどんどがインドア派。


moe:テレビ電話で喋るわけですね?わかります。


問40 課題もないのに変な小説を書いたことがある。


moe:よくあるよくある!


問41 家に帰ってから10分以内にパソコンを立ち上げる。


moe:ここまで該当している自分が怖いぜ!AHAHAHA!(笑)orz


悪魔:笑うのか落ち込むのかどっちかになさいよ。


moe:落ち込みつつ笑う!!

悪魔:・・・・・気持ちわる・・。



問42 残酷な天使の●●●←この穴埋めができる


moe:モーセ


天使:十戒ですぅ!?



問43 カラオケでアニソンを歌ったことがある。


moe:ガチでアニソンしか歌わねぇwwwww


問44 フィギュアやエロゲーを取り扱ってるお店に行ったことがある。

moe:よく行くな。ほんとによく行く。

天使:私もmoeさんと二、三度。

みーこ:私は悪魔と良く新鮮市場に行くぞ?

悪魔:多分、moeの近くに住んでいる人じゃないとそのネタは分からないわ・・・。




問45 秋葉原が大好き。


moe:行ったことも無いのにどうやって好きになれと。


天使:面白そうですよねー。


悪魔:私、アレが一回着てみたいのよね・・・・メイド服。


みーこ:悪魔がコスプレ願望に目覚めたようだぞ?


moe:キター!



問46 お疲れ様でした━判定━






「一つも当てはまらない」超健常者。 です

○「1~5個」 まぁ、健常者です。

○「6~15」ちょっとヲタ入ってます。

○「16~30個」 ヲタです。

○「31~40個」 キモヲタ入ってます


○「41~45個」完全なるヲタです。ヤバすぎです。


moe:言うまでも無く完全なるヲタな俺。


天使:っていうか、このヲタ判定って、ヲタだったらダメなんですね?


悪魔:まぁ、moeはこんな判定しなくてもダメなのは分かるんだけどね・・・。


みーこ:疲れたから寝る・・・・。








コメレスリング



ならば私は宇宙征服だ!


3Dなんてこの世からなくなれば良いんだとネガティブ発言
思い出すだけでも吐きsウボロロロロロロロ

    尻さん







朝目覚めても気持ちが悪かったです・・・。


あああああネタがない!っていうか文章が冴えない!!!

















とか思ってたら分かったこと。最近、絵で説明して楽してたから文章能力が落ちたのかもですねー


しばらく絵は描かないで置こう・・・・。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/30(木) 20:43:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うえっぷ

悪魔:m・・・・moe?顔色が・・・・悪いわよ?


天使:ふぇっ!?moeさん!?どうしたんですかっ!?ゾンビみたいな顔色ですよっ!?

みーこ;moe!?どうした!?顔がアレだぞっ!?

moe:・・・・・みーこ、「顔色が」ってつけてくれないと、まるで俺の顔がダメなように聞こえるじゃないか。


みーこ:いや、その解釈で間違いは無いと思うぞ?

moe:タマネギ食わせるぞこのクソ猫。

みーこ:タマネギ食べられるからな?私は。

moe:猫のクセにッ!!

みーこ:猫扱いするなぁっ!!

moe:で、顔色が悪いそのわけは・・・・・3D酔いです。

悪魔:3D酔い?

天使:ゲームとかでなる・・・・アレですか?

みーこ:moeって基本的に酔わないと思ってたぞ?

moe:ゲームで酔うとかなり辛いんですよね・・・。面白いから続けたいんだけど、どんどん気持ち悪くなっていくという。で、結局もうダメポって所までやっちゃうわけだから・・・・。

悪魔:馬鹿ね。馬鹿。

みーこ:だな。馬鹿だ。

天使:無理してもゲームも面白く無いんじゃないんですか・・・?

moe:俺がやられて黙ってるわけには行かないだろう。やられたらやりかえす。目には目を歯には歯を。



悪魔:それが馬鹿だって言うのよ。馬鹿。

みーこ:今日の悪魔はやけに機嫌が良いな。

天使:そうなんですか?

みーこ:悪魔が冷静にmoeを罵倒してるときは大抵機嫌が良いときだ。

悪魔:・・・・・確かに機嫌は悪くないけど、分析しないでよ・・・。

moe:悪魔は感情の表現が上手くないなぁ!機嫌が良いなら「moe大好きっ!」って言って胸に飛び込んで来い!


悪魔:・・・・moe大好き。


moe:おやっ?悪魔さん?その片手に持たれた短刀はなんですか?それドス?ドスですよね?腰だめに構えてどうする気・・・・、あっ、だめ、それで胸に飛び込まれたら・・・アーッ!





コメレスン


お久ですー
ベース大変そうですねー
なんか私は学校のドラムが大破したので
練習できないんですよ

けいおんのopのベースがクソ難しいとか・・
まあどうでもいいか

   図書館さん





ベース大変ですけど面白いですよー!最近はスラップが少し(本当に少し)できるようになって有頂天になっています。が、指がこのザマなので・・・・今日くらいはベースもドラムも練習はお預けです。




打撲ですか・・・
指の固定って意外と面倒なこと多いんですよね

お大事に!


         チャボさん





指を痛めたその瞬間に思ったこと「ヤバイッ!音楽ができねぇッ!?」私の中で音楽は日常生活に欠かせないものです。ベーシストもギタリストもトランペッターもドラマーも楽器を扱う人にとって身体は宝モノです。大切に大切に使わなければ(笑)

もちろん、音楽をやらない人も、身体は宝物・・・と思って生活できたら、悲しい事故も減るでしょうね





そうだ、全身メカにすれば視力も回復、怪我もしない!
完璧だね!


尻さん





メカになったあかつきには世界制服を目論もうと思います・・・!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/29(水) 22:30:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

指が指々

moe:指いてぇ。


天使:そりゃ・・・・・打撲ですもん・・・・。


悪魔:タイピングしずらそうね・・・・。


みーこ:っていうか、なんでmoeは負傷してるんだ?


moe:紆余曲折あって人差し指を打撲した私、moeは中指と人差し指を固定されるという状態に陥っているのです。

悪魔:っていうか、それ本当に大丈夫なの・・・?

moe:いや、結構痛い、ベース弾けないのが何より痛い。

天使:大変ですねぇ・・・


moe:直らない頭の病気を抱えたお前よりは大変じゃないよ。

天使:最近moeさんが私の事を可愛そうな子あつかいしますぅ・・・・。

みーこ:いや、可哀想だぞ?天使は。


moe:ってことで、長文無理でごわす。

悪魔:moe、なにか不便なことがあったら言いなさいよ?手伝ってあげるから。

moe:悪魔がッ!悪魔がツンデレだっ!



天使:次回は真面目に更新しますよぉー・・・moeの手が治っていたらですけどね・・・?



コメレス





死神の目良いなぁ・・・
人の名前が憶えられない俺には多分必要不可欠


寿命半分と引き換えだけど


          尻さん





死神の目よりも、いまは何しても壊れないサイボーグの手が欲しいです。。。。





調度上司に本を読めって言われたので読んできますね

語学力を養えって言われたんで参考にしたいと思います(マテ


         チャボさん




こんな本をお手本にしたらとんでもないことになりますよ!?


普通にラノベとか呼んでても文章の構成とかそう言うのを少し考えて読むだけで、立派な国語の勉強になると、私は信じていますよ!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/28(火) 22:25:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

二度目の更新

たまには長文駄文をダラダラ打たないと「戯言をほざく程度の能力」も価値が無いので、久しぶりにたった一人でダラダラと語ろうと思います。

第733回のトラックバックテーマは「ゴールデンウィーク、お休みは何日ですか?」ってなモンで、相変わらず長文で引っ張るには無理があるテーマです。


そんなワケで、グダグダとした冒頭を経て本文へと移行するわけです。

・・・・・・どうにも最近は本を読む機会が減ってしまったように思うのです。いえ、時間とかはあるのですけれども、スイッチが「読書」に入らないのです。周りが慌しいので落ち着いて読書なんてしていられない・・・っと言うわけですね。で、ここの所、二、三ヶ月読書という行為を行えないでいたわけです。



ところが、今日、ウチの親父となんだか久しぶりにまともに喋りまして・・・・「そういえば、面白い本があるんだよ」ってなコトを親父が言い出しました。話を聞くと、なんでも最近発売された本らしく、古典の名作やらなんやらを面白おかしく書き綴った逸品らしいのです。なんだかウチの親父は年を取るごとにミーハーになっていくのですが、この際それは突っ込まずに「そいつぁオモシロそうだ」ってコトで早速、平安堂(書店)に赴いた訳です。



で、三十分ほど店内を探し回った結果。お目当ての本を探し出したわけです。














「いと、バロスw」








いやいやいやいや、ちょっとまってくれ。バロスってなんだ。仮にも古典だろ?仮にも名作集だろ?良いのか?こんな「いと」って言葉を覚えたばっかりの中学生が、「いと、キモス」とか言っちゃうノリと同じ感覚を感じるこんなタイトルの本で良いのか・・・?


それはもう本のクセに異物感たっぷり。怪しい存在感をビンビン放ってるワケですよ。「バロスw」の「w」がただの「w」に見えない。洗練された「w」に見える。


それを手に取ると、なんだか初めてエロ本を買ったときと同じ気持ちがポッと胸を過ぎりました。あのエロ本・・・・カバンに入れっぱなしにしてたのを忘れてて、デートの時に彼女に見つかったんですよね。特に言及が無かっただけに苦い。苦すぎる。



で、そんなわけで「いと、バロスw」ですよ。1050円というリーズナブルなのか、どうなのか微妙な値段設定の「いと、バロスw」を抱えて私は帰宅するわけです。








で、読んでみましたが・・・・これは、傑作!



なんというか、こんな古典なら好きになれたかもしれない。古典の主人公達に好感が持てる。

大抵、古典のキャラクターとか登場人物って「かけ鳥などをあらがうて、三に二は射落とすもので候」(那須与一)とか喋繰るわけですよ。


もう我々、バリバリの現代っ子にしてみれば「はい?」ってなモンです。大体「候」ってなんだよ。早いのかよ、マッハかよ、みこ●りはんかコルァってなもんですよ。そんな具合に、全国の中高生は古典の謎多き言い回しのおかげで四苦八苦して来たわけですが・・・・・・この本があれば、そんな古典も好きになれるかもしれない。




<那須与一>

おきの方より尋常にかざッたる小船一艘、みぎはへむいてこぎよせけり。磯へ、十七段ばかりになりしかば、船をよこさまになす。「あれはいかに」と見るほどに、船のうちより、よはひ十八、九ばかりなる女房の、まこと優にうつくしきが、柳のいつつぎぬに紅のはかま着て、みな紅の大木の日出したるを、船のせがいにはさみ立てて、陸へむいてまねいたる。



<那須与一  いと、バロスw>


沖のほうからギラギラにデコったDQNなボートが海岸に寄ってきたのさ。そして、磯まで数十メートルのトコで横向きにしたんだわ。
「アイツら何やってんだ???(゜Д゜)」とそっちをみると、船の中から18,19くらいのオニャノコ登場キター(゜∀゜)-!!そのコは、表面は白、裏地は青の五枚重ねの着物を着て、赤い袴を穿いてたワケ。巫女コス(;´Д`)ハァハァ
んで、赤地に金色で日の丸が描かれた扇をボートのへり板にはさんで立てて、陸に向かって手招きしてきたんだわ。




この変わりようです。「某は云々~!」と名乗りを上げてた時代から「名無しさん@」に時代がぶっ飛びました。こんだけ気持ちよくぶっ飛んでくれていれば古典だって好きになれますとも。

顔面真っ白に塗りたくった能面みたいなババアしか想像できなかった古典のラブストーリーも今日から天真爛漫な箱入り娘(猫耳)を想像して古典が出来ますよ。徒然草がなんぼのもんじゃい。




そんなわけで、「いと、バロスw」オススメなのでちょっと書店で立ち読みとかしてあまつさえ買ってしまうと幸せになれますよ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/28(火) 00:05:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

うひひ

天使:全世界の秘宝を手に入れるべく、今日も今日とて残虐非道に赤子も黙らす勢いで、あっちこっちの高かったり深かったりする秘境とか訪ねたり、地味に街を歩き回ったりする私を倒そうというのか貴様ああああ!!うわらばッ!!!


























moe:という夢をいたんだ。


悪魔:えぇっと・・・・。


天使:酷いですぅッ!?夢の中で私が変態さんですぅ!?

みーこ:天使、安心しろ、お前は夢じゃなくても変態だ。良かったな。

天使:よく無いですぅッ!全然良くないです!むしろ悪いですよぉ!?


悪魔:というか。パソコン壊れたのでは・・・・。


moe:いやね、ノートパソコンだったんですけどね、モニターがぶっ壊れただけなので、別のモニターに繋げばなんて事無く使えるんですよ。まぁ、この際、新しいパソコン買いましたけどね。

悪魔:新しいパソコン!?買ったの!?

moe:買いましたよー。五万円で。クアトロだかネギトロが騒がれてる時代にデュアルコアですが、320Gはある無難なパソコンをですね。購入しましたよ。

悪魔:五万円でもかなりのスペックのものが買えるのね・・・・。

moe:この情報化社会ですからね。パソコンも安価なモノになりましたよ。

天使:需要供給曲線ですね?

みーこ:意外な人物から意外な単語が飛び出したぞ?


moe:スルーしろ。相手にするとつけあがる。

天使:酷いですぅッ!?





moe:で、悪魔。お前のその右手にヒシッと握られてるそのノートはなんだい?

悪魔:よく気がついたわね・・・・!これは・・・・・キルノートよッ!!



天使:え・・・・っと・・・。


みーこ:ピトリ(悪魔の額に手をあてる)


みーこ:熱は・・・・無いようだぞ?


moe:え?悪魔さん、ネタですか?あなたなりのギャグなんですか?笑いますね?AHAHAHA。

悪魔:なんとでも言うが良いわ・・・!でも、コレを見たあとで、まだそんなことが言えるかしら?



視力検査の『C』の名前はランドルト環とか言うらしいですよ、奥さん!
まぁ、知ってるかもしれないけどさ


死神の目を貰えば視力回復しますよ



                    尻さん





moe:あぁ、アレか。悪魔はそのノートにランドルト環のパターンを全て書き込んで覚えたってワケですか、そうですか。乙。

天使:見えないところで努力してたんですね・・・・悪魔ちゃん・・・


moe:見えないところって言うか実際、悪魔は何も見えて無いんだけどな・・・。


みーこ:パターンを記憶って、もう視力検査じゃないじゃないか・・・。


悪魔:そうじゃなくてッ!なんでランドルト環なのよッ!?そこじゃないでしょっ!?死神の目っ!死神の目を私は手に入れたのぉっ!!


moe:あぁ、こっちか。え?何?死神の目とか持っちゃってる系なんですか?うわktklマジこえぇwwww


悪魔:そうよッ!私は・・・・あなたを殺せるのよッ!?

moe:で、キルノートですか?何、この過激なネーミング。どこの過激派?どこのアル●イダですかお前は。


悪魔:なんでそんな冷めた目で見るのよ・・・・。


moe:だってねぇ・・・死神ですぉッ!って言われましたって・・・そこまで言うならタメシに殺してみろよって話ですよね。


天使:moeさん!?

みーこ:むやみに自分の命を危険に晒すなッ!!

moe:だいじょーぶだいじょーぶ。あのノートは悪魔が夜なべして作った学習帳だから、殺傷能力もゴキブリとか潰せるくらいしかないから。

悪魔:言ったわね・・・・・。


moe:さぁ殺すが良いッ!俺が死んでも第二第三の俺がお前を倒すッ!

天使:どこの魔王ですか・・・・・。



悪魔:死になさいッ!moe・・・!!!




moe:・・・・・・・グフッ!

天使:!?

みーこ:モビルスーツだと!?

天使:そのツッコミは違うと思いますよぉ!?

moe:あああんっ!動悸がバックンバックン言ってるわっ!死ぬ死ぬっ!悪魔ぁっ!死ぬよコレッ!?

悪魔:と・・・・当然じゃない・・・・私がキルノートに書いたんだから・・・。


moe:うがふッ!俺が・・・・俺が死んだら祖国のマリアンヌに伝えてくれ・・・・愛していたと(裏声


天使:ジョージッ!死んじゃダメですッ!希望を・・・希望を捨てちゃダメですよぉ!


moe:ふふ・・・思い出すぜ・・・・・・お前と一緒に・・・・・入隊した・・・・あの・・・頃・・・・・を・・・


天使:ジョージーッ!!!








































































悪魔:・・・・・夢・・・・か・・・・。(冷や汗をぬぐって









日に日に私の中で悪魔ちゃんの株価が怒涛の勢いで上昇していきます

ツンデレがここまでツボだったとは・・・
やられたぜ☆(キモイ



         チャボさん





流石、悪魔ちゃん!ついにチャボ様にまでその可愛さが届きました!!

ツンデレ良いですよツンデレ!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/27(月) 22:51:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あうあう

moe:パソコン壊れたよっ!!

悪魔:え!?

天使:壊れたって・・・・。

みーこ:どういう風に壊れたんだ?

moe:画面が表示されません。というか、ブラックスクリーンからにじむ様にホワイトスクリーンに変わり、ホワイトスクリーン一杯に謎の縦線が現れます。そして、すべての操作を受け付けてくれません。


みーこ:ぜ・・・・絶望的だな・・・。

moe:GW中に・・・・GW中に新しいパソコンを買わなければ・・・・。


悪魔:買えるといいわね。

moe:買えなかったら死ねます。死にます。

天使:ブログもしばらく更新が滞りますね・・・。

moe:精一杯、ほかのパソコンから更新しようと思うけどね・・・・。まあ・・・うん。しばらくは・・・・。ケータイ投稿とか、無理だし・・・。

悪魔:コメレスはまた今度です。コメントしてくれた皆様、大変申し訳ありません・・・。moeがNEWパソコンを手に入るまでは今しばらくお待ちください・・・・! 続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/26(日) 18:35:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

moe:なんで壊れたのかよく理解できない。そんなことは良くあることだと思うのです。「さー、ゲームやるぞー!」って意気込んで電源つけたら画面が全然表示されないし、なんか本体からシャコシャコ異音がするし。ってのも然り、攻略中のヒロインがいきなりキレた表情で「あの女のこと・・・・喋るのやめてよ・・・・」って胸倉掴まれて「あれ?コイツ・・・壊れてね?」って思うのも然りです。


天使:えっと、文頭がまるっきり私達との会話を想定されてないのですけど・・・・。


moe:壊れた原因は、その壊れた瞬間に立ち会っていても分からないことが多々あります。モノっていうのは気付くと壊れていて、その壊れた原因はどんなに探ろうとその深部まではもう知りえないのです。


天使:あれ?無視ですぅ!?無視されましたぁ!?

moe:常に自分の周りでは何かが壊れている言っても過言ではないこの社会。人間関係にしろ、誰かが必死に作った他人との壁にしろ、物質的なものにしろ、天使の少女にしろ・・・・この社会は常に何かが壊れているのです。


天使:壊れてるもの扱いされましたぁッ!?悪魔ちゃんッ!?moeさんが変ですよぉ!?


悪魔:そうして壊れていく世の中のなかで、moeの周りにもまた破壊が起きた。

天使:悪魔ちゃんッ!?











みーこ:めがね、壊れた



天使:あぅぅ・・・・みんなが私の事を無視しますぅ・・・・。憤りを通り越して寂しいですぅ・・・。

moe:天使の少女が憤りを感じていたなんて・・・・・我々には知るよしもなかった。

天使:良いからその喋り方止めてくださいぃッ!!







moe:長年使っていた、息子くらい大事なメガネがぶっ壊れました。


悪魔:いつ・・・?


moe:一ヶ月くらい前に。


みーこ:記事にするの遅いなっ!?

moe:俺の中ではまだ一日の経過と変わらないぜ、それくらい日々の生活は慌s

悪魔:で、なんで壊れたの?

moe:人がまだ喋ってるのに話し被せるの止めてくれませんか?イラッと来るんですよイラっと。


天使:でも、moeさんのめがねって・・・・そんなに滅多なことじゃ壊れないですよね・・・?


悪魔:moeが普通にめがねとして使っていればね。moeはバカだからメガネをメガネと認識できずにマキビシとして使っていた時代があったわ。

moe:それなんて忍者?メガネ忍者?メガ忍?

天使:流石moeさんです・・・!発想の展開が常人には理解できないっ!

moe:天使が密かに「自分は常人です!」って発言をしていますが。

天使:私は普通の人ですよぉ!?

みーこ:いや、ナイナイ。

悪魔:ナイナイ。

moe:はい、ざまぁwwwwwwwww


天使:なんだか今日は皆酷いですぅっ!?


悪魔:でも、メガネ無くて、よく生活できるわね。

みーこ:確かになぁ・・・・私には視力が悪いやつの苦しみは分からないのだがな?

moe:まぁ、そりゃ酷いモンですよ。前まで見えてたものが見えなくなるのは辛いモンですよ。まぁ、お前等には分からないだろうケドね。


悪魔:私コンタクトだから、多少なら分かるわ。


moe:え、悪魔・・・・目、悪かったんだ。


悪魔:べ、べつに・・・・そんなに悪い訳じゃないんだからね?


天使:悪魔ちゃんって、視力いくつなんですか・・?


悪魔:べ・・・・別にそんなの良いじゃない・・・。


みーこ:とりあえずコンタクト外して計ってみよう。

悪魔:計ってみようって・・・・どうやってよ。

moe:こんなこともあろうかと。視力計測器ー!


悪魔:こういうところは・・・用意周到よね・・・・。

天使:じゃあ、コンタクトを外した裸眼の状態から計りますから、コンタクト外してくださいねー?

悪魔:わ、私はやらないって・・・。

moe:・・・・・。

みーこ:・・・・・・。

天使:・・・・・・・・・・・・。

悪魔:わ・・・分かったわよ!やればいいでしょっ!やればっ!!






moe:で、コンタクトを外したわけですが・・・。


悪魔:て・・・・天使ちゃん?どこ・・・・?どれ・・・・?

天使:絶望的な視力ですねー・・・・。

悪魔:ぜっ!絶望的って言うなぁっ!

moe:悪魔が人体模型に吼えていますよ。

悪魔:ちっ違うんだからねっ!?じ、人体模型って分かってたんだから!

moe:よーし、じゃあそのままこっちまで歩いてきてー・・・。

悪魔:む・・・むぅ・・・・。



天使:悪魔ちゃん。ゆっくりで良いですよ?ゆっくり・・・ゆっくり・・・。


みーこ:なんだか初めて立った赤ん坊みたいだな。

悪魔:言わないでっ!ってきゃぁっ!?


ビターンッ!!


みーこ:こけたぞっ・・・・!

天使:こけましたねぇー・・・・。

moe:ツッコミなのに締まらねぇなぁ・・・・・。


悪魔:コンタクト外して歩くなんて無理に決まってるでしょっ!?


みーこ:あっ!悪魔っ!無理して立つな!またこけ・・・・。


ビターン!


悪魔:ぅー・・・・・!m・・・・moe!助けなさいよっ!そんなところで笑ってるんじゃないわよッ!


moe:残念ながら今、俺は笑ってない。なんだか凄い痛ましい光景を見ている気がする。言うならば生まれたばかりの鹿の子が全然起き上がれないのを見るのと同じ心境だ・・・。


悪魔:殴るわよッ!?いいから起き上がるの手伝いなさいよッ!








moe:はい、そんなわけで視力が落ちると苦労することいっぱいありますね。


悪魔:し・・・しらないっ・・・!


天使:悪魔ちゃんの顔が真っ赤です。


みーこ:多分、自尊心とか凄い傷つけられてると思うぞ?

moe:なんでだよ。だってコイツ、放っておくとこけるんだもん。誰かが肩支えていてやらんと危ないだろ。

悪魔:そう言う状況にしたのはあんたでしょうっ!?

moe:怒りながらも抱きついてくる力を強めた悪魔に萌えた。


悪魔:こけそうだったのよッ!!

天使:悪魔ちゃん可愛いですよぉー・・・。

悪魔:いいからコンタクトッ!コンタクト返しなさいっ!

みーこ:しょうがない・・・・・っと、コンタクトはどこだ・・・・?コンタクト、コンタクト・・・。

ピシッ!


みーこ:コンタク・・・・・ト?


天使:あ・・・・・。


moe:・・・・・。


みーこ:えっと・・・・私が踏んだのではないのだからな?じゃ、なくて、天使が、天使があんな所においておいたから・・・・落ちていたのを踏んでしまったのだからな?じゃなくて・・・・えっとえっと・・・・・不可抗力だ・・・・ごめん。

悪魔:・・・・・う・・・・ぅ・・・・うぅっ・・・グス・・・・・。


moe:わああああっ!?泣くなっ!?泣くなっ!!??


悪魔:泣いてなんかないわよっ!(涙目


moe:直ぐに新しいの買いに行こうっ!?なっ!?だから泣くなっ!?

悪魔:泣いてないってばぁっ!!




―こうして、変態たちの夜は更けていく―







・・・・・コメレス・・・・・


またまたバトンいただきます!

はやくネット繋ぎたくてウズウズしてきました!
早く来い来い水曜日


         チャボさん




こんなバトンで良いならどうぞどうぞ、お持ちかえって煮るなり焼くなり好きにしてくださって結構です!

水曜日ですかぁー!もう直ぐですね、早く繋がることを私も密かに・・・って、いうか、もう文章にした時点で大っぴらになるんですけど、期待していますね!




うわーいやっぱ悪魔さんかわいいなぁー!いやっふぅ!


そしてネタという名のバトン、いただいていくぜ!


             尻さん




今年のツンデレ大賞は根こそぎ悪魔がもらったぜっ!!

ネタなりバトンなり、どうぞどうぞお持ち帰りください!!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/25(土) 19:15:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

音楽バトン

moe:はい、てなワケで対談バトンも第二弾に突入しましたね。

悪魔:誰も望んでないけどね。

天使:それで、今回はどんなバトンをするんですかぁ?

moe:音楽バトンだ。

みーこ:音楽・・・?

悪魔:意外と普通なバトンなのね・・・。

天使:moeさんのことだからまたロクでもないバトンかと思いました・・。

悪魔:全開のバトンがとんでもなかったからね・・・・。

moe:さてさて、じゃあざっくり説明していくぜい!


天使:えぇっと・・・・このバトンは"対談"バトンです。これから対談を始める人も、今まで対談していた人も絶対対談で答えてください!見てしまった人は強制バトンですよぉ!ごめんなさいですけど、頑張ってくださいね!

悪魔:相も変わらず迷惑なフリね・・・。







問1:あなたは楽器をやりますか?


悪魔:ピアノ・・・を少しだけ・・・。

天使:私もピアノを少々・・・・。


moe:ドラム、ベース、ギター、ピアノetc。最近ディジュリルが欲しい。ディジュリドゥって発音する人も居るけどね。

みーこ:リコーダーと鍵盤ハーモニカができるぞ!

moe:凄いなみーこっ!偉いぞみーこっ!

みーこ:なんでだ?誉められてるのに殺意が沸くぞ?


問2:好きなアーティストは居ますか?


moe:エアロスミス、ジュフベック、レッドツェッぺリン、ロバートランドルフ・ファミリーバンド、オフスプリング、SUM41、スリップノット、リンキンパーク、マリリンマンソン、レニークラビッツ、ジャミロクワイ、グリーンデイ、ババメイニア、椿屋四重奏、岸田教団、ザ・バンド・アパート、レオナ、エゴラッピンその他諸々。


天使:お・・・大石円さんとか・・・水森かおりさんとか・・・。

moe:演歌ですね。分かります。

天使:良いですよぉ!?演歌最高ですよぉ!?歌詞聴いてると泣けてきますよぉ!?

みーこ:ジブリ。

moe:ジブリの中じゃ何が1番好きだ?みーこ。

みーこ:んー・・・・となりのトトロ。


悪魔:なんでそう言う嗜好は見かけ通りなのかしら・・・・。ていうか、ジブリってアーティスト名じゃないと思うんだけど・・・・。


moe:そう言う悪魔が好きなアーティストは?


悪魔:・・・・・べ、ベートーベン・・・。

moe:べッ!?

天使:カッコ良いですぅッ!?

みーこ:悪魔の部屋に行くと凄い量のCDがあるぞ?クラシックの・・・。


moe:悪魔・・・・意外な一面が・・・・。

悪魔:い、以外ってなによ!?私だってそう言うのは聞くのよっ!

moe:ってきり、ヘビメタばっかり聴いてるもんかと・・・・。

天使:頭ガクンガクン振り回しながら聞いてるのかとぉ・・・・。

悪魔:あんたたち・・・・覚えておきなさいよ・・・・。


問3:音楽を好きになったきっかけ


moe:五歳の頃にテレビでエアロスミスのライブ映像を見て、エアロスミスの大ファンになった。五歳の時の誕生日プレゼントがエアロスミスのアルバムだったことを今でも鮮明に覚えている。


天使:えっと・・・・ある年の紅白歌合戦から演歌良いなぁって思って・・・・・それで好きになりました・・・。


みーこ:となりのトトロ見てたら好きになったぞ?トトロって可愛いからな!

moe:よーしよしよしよしよし!

みーこ:んにゃぁっ!?moe!頭グシャグシャするなぁっ!汚いっ!

悪魔:私は・・・・・小さいころに言ったベルリンのオーケストラのコンサートで・・・。

moe:こんのブルジョワめッ!!!

悪魔:誰がブルジョワよッ!?ってきゃぁッ!?なんで頭叩くのよッ!!

moe:貴様どこの金持ちの娘だ!?逆玉させてくださいッ!!

悪魔:キレながら下手に出るんじゃないわよっ!


問4:音楽聴いてる女の子ってなんだか可愛くないですか?


moe:可愛いよね。マジで。

天使:ホントですかぁっ!?

moe:いや、コブシを効かせてる女の子はちょっと・・・。

天使:演歌バカにすると怒りますよぉっ!?


みーこ:音楽聴いてると可愛いのか?

moe:みーこはそのままで十分可愛い。むしろそのままが良い、もうちょっと脱いでくれ。

みーこ:死にたいのか貴様は、望みどおり殺してやろうか。

悪魔:というか・・・・音楽なんていまどきの女の子はみんな聞いてるわよ?

moe:いや、ちょっと大きめのヘッドフォンで音楽聴いてる女の子って・・・・可愛いよね。

悪魔:・・・・・。

天使:悪魔ちゃん・・・・?どうしました・・・?

悪魔:ヘッドフォン・・・・・変えよ・・・。


moe:ニヤニヤ


090423_2346~0001



悪魔:何描いてるのよっ!?

moe:そりゃ気持ち良さそうに音楽聴いて寝てたから。思わず描きました・・・。


天使:悪魔ちゃんの寝顔は癒されますからねぇー・・・。

みーこ:寝言が可愛いしな。

moe:そうそう、寝言かぁいいよ!意味もなく「んぅ・・・」とか言ってるのを聞いて一人悶絶してる。

悪魔:くぅ・・・!




コメレッスン!


>女化
凄く・・・・いいと思います・・・


まりもっこりの股間にデザートイーグルブチかましたい今日この頃


                尻さん





女化・・・・まじめにネタとして考えても良いかもですねー・・・。ロクなことなさそうですが・・・(汗

まりもっこりの股間の逞しさに嫉妬すら覚える今日この頃。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/24(金) 21:53:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

草なぎさんが捕まりましたよっと

moe:一体何が起きたんですかね。地デジの人に・・・。

悪魔:というか全裸で公園で騒いでたって・・・・。

天使:へ・・・変態さんですぅ・・・。

みーこ:酒に酔ってたんだろ・・・・?迷惑なものだな。

moe:それにしても今頃、草なぎさんは頭抱えてるでしょうね。「なにやってんだろ・・・俺」って。

悪魔:一時の判断の誤り・・・というかが彼の残りの人生の幾分かを台無しにしてしまったわけね・・・。

天使:怖いですねぇ・・・・。


みーこ:というか、鳩山総務相が凄い草なぎさんを罵倒してるぞ・・・?「国民に負担をかけるアナログ放送停波のキャラクターなのに恥ずかしい。最低の人間としか思えない」って・・・・。

moe:公園で全裸で騒いだら最低の人間だそうですよ。

悪魔:ブログで反社会的な言葉を連呼するあんたは鳩山総務相から見たら何になるのやら・・・。

moe:多分、粗悪な社会の欠陥品くらい言われちゃうんじゃない?というか、鳩山さん、幾らなんでも草なぎさんを悪く言いすぎだと思うぜ。酒を飲みすぎてハメ外しちまったからって「最低の人間」なんてねぇ・・・・。随分と人間の価値は底下げされてるようだな。

天使:でもでも、公然わいせつ罪は・・・・・犯罪ですし・・・・。


みーこ:自分の立場をわきまえずに責任の無い反社会的な行動を取ることが「最低」なんじゃないのか・・・?


悪魔:たまに思うの。このサイズの女の子が難しい言葉を使ってると凄い違和感感じるなって・・・。

moe:みーこさん、パッと見たら小学生ですもんね。

みーこ:誰が小学生だっ!引っ掻くぞっ!

moe:ちなみに、みーこさんって本当は何歳?

みーこ:年齢を偽った覚えは無いのだが・・・・これでも15歳だ。


moe:はっはっは、なんだやっぱり餓鬼か!

みーこ:ふしゃーッ!






moe:悪魔の微妙なフリのせいで話が脱線しましたね。


悪魔:・・・ご・・ごめんなさい。


moe:でも草なぎさんが捕まるのは意外だったなぁ・・・・。

天使:私SMAPの中では1番草なぎさんが好きだったんですけどね・・・。

moe:普段演歌しか聴かないお前がSMAPですか。何?時代の最先端にノッたつもりですか?SMAPって新しいの?SMAPってなんか良いことあるの?

悪魔:なんでそんなに天使ちゃんに絡むのよ。

moe:なんか苛めてオーラが出てた。

天使:そんなオーラ出てないですよぉッ!?

みーこ:最近、空気になってきてるから丁度良いんじゃないか・・・?

天使:私空気ですかぁッ!?

moe:ところでさ、みーこ。

みーこ:んぅ?

moe:さっきさ、お前「自分の立場をわきまえずに反社会的な行動を取ったのが最低」って言ってたけど・・・・草なぎさんの立場ってなによ?


天使:・・・・・・地デジのマスコット・・・?

悪魔:地デジのマスコット・・・。

みーこ:地・・・デジのマスコットだな・・・・。

moe:マスコットも楽じゃねぇな・・・・。アレかな、まりもっこりとかも実は苦労してるのかな・・。アレってヘタしたらワイセツ物陳列罪じゃん。鳩山さん、まりもっこりに対しても「最低なお土産だッ!」って怒ってるかもしれんな。

悪魔:確かに・・・・まりもっこりは・・・・あれ・・・・あれ・・・がついてるもんね・・・。


天使:確かにまりもっこりはネタなお土産ですよね・・・。

みーこ:ちょっとまて、まりもっこりって元々なんなんだ?


moe:え・・・・阿寒湖の・・・・まりものマスコットキャラクター・・・だろ?


天使:え、あれって北海道の・・・・キャラクターだったんですか・・・?


悪魔:今は全国あちこちにあるからね・・・・まりもっこり。


moe:お土産屋によれば大抵どっかでもっこりしてるよな・・・。

悪魔:もっこりって・・・。


みーこ:ちなみに、フィギュアによっては股間の長さが違うらしいぞ。

moe:股間って・・・・。

悪魔:何のリアリティーよッ!?






moe:というか久しぶりだな。時事ネタ。

悪魔:ホントね・・・・。

moe:まぁ、アレだ。草なぎさんは残念だがしばらく見れなくなるらしいな。

天使:出演自粛だそうですね・・・・。

みーこ:可愛そうなもんだ・・・・。


moe:さぁ、気を取り直してコメレスだ。





いやぁ、ホント土砂降り酷くてねぇ・・・凄く寒いですよ?
というかまた俺が居るんですかwww


アレだ
太った脂肪胸に回せばmoeさんも立派な女の子に・・・(撲殺


              尻さん



HAHAHA、moe女化計画みたいな感じで軽く豊胸手術でもしてみますかね!悪魔ちゃんにぶち殺されそうだ!AHAHAHAHA!ッハ!?悪魔!?いつからそこに!?ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!






投票参加したいっ!
来週なんだ!あと6日なんですネット開通!

という訳で少し時間くれませんか?(厚かましい


            チャボさん




待てといわれればいつまでも待ちますよッ!moeの基本性能は忠犬。頭の容量も犬程度。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/23(木) 21:44:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

対談と一人でグダグダを混ぜ合わせたらどうなるか?

我々の日常において変化しないものは無い。刻一刻と我々の周りが変化するにつれて我々、人間自身も変化する。常に変動を続ける慌しいこの地球の中で、それは小さな事件として幕を開けた。



それは、日本という国の長野という県の云々という地域のなんちゃらという番地のmoe家で起きた事件であった。

朝っぱらから大変気温が上がり、春も始まったばかりだって言うのに汗が滴り落ちるほどの高気温をマークしていたある日の夕刻のことである。俺の足元で事件が起きた。


その赤い矢印のヤロウはビンッ!と聞きようによっちゃぁ、エロ漫画に多様されるような擬音を立ててあらぬ数字を示していやがった。その赤い矢印のヤロウは、俺が後方に仰け反ろうが、片足立ちになろうがピクリともそのポジションを変えずに相変わらず、あらぬ数字を示している。


アレ・・・・太っ・・・・た・・・・?


近頃は筋トレも忙しさにかまけてガッツリサボっていた。ドラムの練習もベースばっかり弾いていたために全然できていない。つまるところ、明らかな運動不足なワケである。

だがしかし、この時期は1番腹が減る時期であり、動かない割りにバクバク食っちゃうわけで・・・・・・まぁ、大抵の方が想像つくだろうが太る訳である。

で、例に漏れずこの俺も太っていた。腹回りの贅肉のヤロウが「もうあなたから離れない!」とヒシっとしがみついてやがるワケである。


燃焼系だか少年系だか知らないが、なんだかそこら辺のスポドリを飲んで階段を走って登るようにしたが体重は依然変わらない。まさか・・・・この・・・俺が・・・・ダイエットだと?























悪魔:で、ダイエットしてるの?


moe:まぁ・・・・食べる量減らしたりとかは・・・・してるけどさ・・・。


天使:男の子でもそう言うのって気になるんですねぇー・・・。

みーこ:moeもダイエットの餌食になったのか?

moe:餌食って・・・。

みーこ:私の友達もダイエットを始めて七日くらいで倒れて病院に行ったぞ?


天使:どんなダイエットしたんですか・・・・。


みーこ:おもに絶食だ。


悪魔:そりゃ倒れるわよ・・・・・。









っと言う訳で、あまりダイエットは効果を挙げていません。とりあえず一週間で2キロの減量に成功。ここで油断してバクバク食うと太るんだよなぁ・・・・とは思うんですけどね。


相変わらず、自宅の体重計はビンッ!って音を立てて妙な方向を示しやがりますし、完璧イカれたコンパス状態ですよ。しばらく乗りたくないですね。っていうか体重計を見たくない。





すかとr・・・ゲフンゲフン

愛とか十把一絡げ!もしくは二束三文!この世は愛の叩き売り!
愛とか嫌いです、訳も無く


           尻さん




愛なんてそう、おいそれと出る単語じゃないはずなのですが・・・・。お高い言葉のはずがどこで間違えたか随分と安くなりましたね。




愛はおいしいもんですよ!

愛のこもった飯はウマイ
自分の飯より作ってもらった飯の方が美味いのはこのせいですね


          チャボさん





自分で作るより人の飯の方が美味いのは愛のおかげでしたかぁー・・・。自分を愛して今度御飯を作ってみます(笑)


続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/22(水) 22:00:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そんなわけで

moe:スカイプ友達、略して「スカトモ」

悪魔:のっけから怪しい単語が文頭に踊ってるわね・・・・。

天使:スカトモってなんか響きが嫌です・・・・。

moe:スカトモって10回言ってみろ。

みーこ:スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ、スカトモ!



moe:これでお前も立派に俺の仲間だ。


みーこ:んにゃあッ!?


moe:バグなのか、なんなのか知りませんが、管理画面が言葉じゃ説明つかないくらいカオスな事になっていて、ぶっちゃけ、コレ直るのか?とか不安な思いに駆られていますけれど、頑張って投稿しますよ!


悪魔:確かに、管理画面が酷いことになってるわね・・・・。

みーこ:これは一体何が起きたんだろうな・・・・・。

天使:使いにくいですねぇ・・・・・。



moe:まぁ、そこらへんは置いておいてだ。


天使:今日はネタ、あるんですか?


moe:愛ってなんだ。



悪魔:また安易に深いテーゼを選んだわね・・・・。

天使:しかも恐ろしくハードルの高い命題を・・・・。


みーこ:色んな哲学者がこの命題の元に挫折してると思うぞ・・・・?

moe:いや、今回は本当に分からない。ブログの後半に「愛ってこういうものじゃないか・・?」って言ったり出来ないレベルで愛って何?おいしいの?

悪魔:moeは何か大切なものを見失ったの・・・・?

moe:いえいえ、別に何も失っちゃいませんよ?日々失い続けてる俺が失ってないって主張してもイマイチ信憑性に欠けるけど、今日のところは何も失ってないですよ?


天使:え?じゃあ・・・なんで愛って何なんて疑問を・・・。

みーこ:また学校帰りに雨を見て「あぁ・・・・雨って何で降るんだろうなぁ・・・」とか思って、なんとなく語幹が雨に似てる愛って単語が頭を過ぎって「愛ってなんだろうなぁ」と思ったらそれが疑問に変わったとかそう言うヤツだろ・・・?


天使:流石にそれは無いと思いますよ?


moe:まさにそうなんだけどな。


天使:えぇッ!?

悪魔:疑問の抱き方が間違いだと思うわ・・・・・。

moe:別に恋愛における愛なんてわかる必要は無いんですよ。だってその内分かりますもん。今感じてるこの気持ちが愛かもしれないですよ?でもね、最近、巷を氾濫する「愛」ってモノがイマイチ俺には理解できないんですよ。


みーこ:世間を批判する前に自分が批判されることを恐れるべきだと思うぞ?


悪魔:酷評ばっかり集まりそうね。


天使:結果が眼に見える批判って言うのも珍しいですよねー・・。

moe:なんなんだお前等、よってたかって人のこと悪く言いやがって、言葉の暴力か?複数で言葉の暴力って事は言葉のリンチか?痛いんだよ畜生め!


悪魔:それで・・・・愛がどうしたの?


moe:同性愛とか愛のムチとか愛のバクダンとかあっちこっちで「愛」が登場してるじゃん?なんで愛なのさ、語感だって別に大して良く無いじゃん。意味だってイマイチ不明じゃん。なんで愛なのさ。


天使:ちなみに愛のバクダンは曲名ですよ・・・・?

悪魔:moeは多分思いついた言葉を適当に並べてるだけよ。

moe:大体、愛のムチって意味分からなくないですか?まるっきりSMプレイじゃないですか。

みーこ:SMプレイって蝋燭垂らしたり、水着着て男を蹴ったりするんだろ?

悪魔:どこでそんなこと覚えてくるの・・・・この子・・・。


みーこ:moeが言ってた。


moe:いやんばかん、そんなこと言ってるわけ無いじゃない。

悪魔:子供になんてこと教えてるのよ・・・。

moe:SMを誤解しちゃいけない・・・・アレは愛のムチであって断じて変態プレイではなアーッ!





moe:それにしてもホント使いにくいなコレ。

天使:説明できないのがもどかしいですね・・・。

悪魔:ツールが全部言語化されてる・・・・としか良いようが無いわね・・・。


みーこ:なんだか凝縮感が無いな。

moe:そうそう、ツールってのは必要なものが小さなスペースにキュッと纏まってるから使いやすいわけで、こんな風にズラッと文字並べられてもねぇー・・・・。


天使:そうですよね・・・・無駄に使用するページの範囲が増えちゃって利点が何にも無いです・・・。

悪魔:初心者の人とかはこういうの、ありがたいと思うけど・・・・。

moe:悪魔が画面右端に出てきてブログ作成を色々アドバイスしてくれるツールとか作りたい。

悪魔:作ったら殺すわよ。あまつさえネットで公開したら全裸に剥いて道路に転がすわよ。

moe:悪魔がセクハラしましたー。全裸に剥くとか言ってますぅ。この破廉恥娘をなんとかしないと。

天使:悪魔ちゃんが・・・えっちぃですっ!

みーこ:落ち着けみんな!悪魔だって年頃の女の子だ!男の子の身体に興味を持っていても不思議じゃないだろう!

悪魔:なんでよっ!違うわよっ!moeなんかには興味ないわよっ!

moe:なんかには?なんか"には"?


悪魔:しまっ・・・!

天使:悪魔ちゃん・・・・・。


悪魔:な・・・何よっ!別に・・・別にえ・・・ぇっちぃわけ・・・・じゃ、ないんだからね・・・。知的・・・知的好奇心なんだからねッ!?

moe:そうか・・・・俺のパソコンに見たこと無いエロサイトがお気に入り登録してあるのは俺が夢遊病よろしく真夜中に新しいエロサイトを開拓しているからではなかったんだな!

天使:お・・・大人の・・・・勉強ですね・・・!?

みーこ:私は汚れた大人になりたくないな・・・。

moe:みーこ、お前もいつか男と一緒に真夜中に勉強会する日が来るさ。

悪魔:してないからねっ!?私そんなことまでしてないからねっ!?






また、一人でグダグダ書く記事が書きたくなって来た今日この頃・・・・。

たまには一人で記事書くかなぁー・・・なにも毎回対談じゃなくても良い気がしてきたんだ。

普通に書いておいて、細部で悪魔と天使とみーこに喋って貰えば良いじゃん!みたいな・・・・。

うん、まぁ、うん。

たまには一人で記事を書こうかな。次回辺り・・・。うっうー!





コメレス

ガスガンじゃないけどデザートイーグルは持ってたり
実戦向けじゃねぇよあんな重い銃・・・

オンラインゲームやりたいなぁ・・・

 
               尻さん




なんだかんだで警察にも軍にも採用されなかった銃ですけど、その威力たるや凄まじいモノですよ。50AEにもなると454カスールを凌ぐ大口径ですから、心ときめく風穴があく筈です。

とは言え、実用的な拳銃は何かといえば有名なM9拳銃やらグロックシリーズ、シグ辺りになっちゃうので、確かにデザートイーグルは戦闘向きなワケではないようですね。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/21(火) 20:29:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

XBOX360オンライン。

moe:地獄に落ちやがれ貴様等ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


天使:うるさいですっ!!耳キーンってなりますっ!!

悪魔:・・・・で、なんで魂が篭った絶叫してるのかしら。

みーこ:moe。落ち着け・・・目が、目が血走ってるぞ・・・!

moe:目が血走ってるのは花粉症のせいです。いやー、今年の花粉症はつらい。


天使:あ、戻った・・・?

moe:で、ふざけんなよナチュラルファッキン厨房プレイヤー。

悪魔:珍しく殺気立ってるわね・・・。

みーこ:moeが・・・・moeが怖いぞっ・・・!?

moe:敵の復活ポイントに地雷仕掛けるなら分からんでもないが・・・・・味方の復活地点を戦車で攻撃ってのはぁ・・・どういう了見ですかねぇ?

天使:やっぱり怖いですぅッ!?

悪魔:ゲーマーってなんでゲームのコトだと本気なのかしら・・・・。

moe:挙句の果てに突撃銃でフレンドリーファイアーだ?てめぇ、弾倉打ち切っておいて「すみません」の一言ですむわけねぇだろうが?ノーマナークソ厨がァァァァァァッ!!!!!!!!!!アカウント晒すぞコルァァァァァッ!!!!!!!!


みーこ:で、なんのゲームだ・・?

moe:バトルフィールドバッドカンパニーのオンライン対戦中、小中学生(声から推定)プレイヤーが三人ほど出現、味方を無差別に殺害しました。頭来たから、復讐と称して、敵と乱戦してるときにスナで殺してやったけどね。ザマァ見やがれハナクソが。


悪魔:ま・・・まぁまぁ・・・相手は子供なんだし・・・・。


moe:子供だからって許されることと許されないことがあるだろうが・・・。味方の拠点においてある戦車にC4仕掛けて、動き出したとたんにそれを起爆させるとかわけ分からないことしてるんだぜ?

みーこ:オンラインゲームは色々な人種がいるから面白いんだぞ?人物の行動パターンとかが多種多様だからこそのオンラインだ!


moe:リアルの世界で犯罪者が許容されることは断じて無いんだぜ?それと一緒でオンラインでも犯罪者ってのは居るんだよ。


天使:私・・達は・・・・ゲームしないからよくわかりませんね・・・・。

悪魔:そうね・・・・。





moe:で、話し変わって。

悪魔:ホントにアッサリと変わるわね・・・・。さっきまでのヒートアップはなんだったのよ。

天使:で、moeさんの目が異様に輝いているのが気になります・・・。

みーこ:良くないことを考えてる目だぞ・・・・これは。


moe:ガスガン欲しいなぁって・・・。

悪魔:ガスガンッ!?

天使:いきなりどうしたんですかぁッ!?

みーこ:ほらな、やっぱりロクでもないこと考えていた。

moe:何のことは無いんだよ。俺はただ完成されたディティールの鉄の塊を握り締めたいだけだ。

悪魔:危ないわよ・・・・。

天使:銃器売買には手出しちゃダメですよ・・・・。

moe:ふふふ、いいなぁ、ハイキャパとかデザートイーグルとか92Fとかグロック21とか心ときめく拳銃が一杯!くぁー!欲しいッ!!

悪魔:なんだかよく分からない単語を連発してるけど・・・・・。

天使:もう直ぐ大事な時期なんですから・・・・。

みーこ:人生とか色々省みたほうが良いぞ・・・?

moe:でも欲しいんだもん。


女子一同:ダメだこりゃ。






コメレス!



思わずドラッグしちゃったじゃねぇかこの野郎!ww

そしてネタアザース!
これでいっぱい書ける気がする・・・ッ!


              尻さん





ふふふ、騙されるでしょう。騙されるに決まってますッ!パーフェクトな罠!英語で言うとトラップ!

こんなネタでよければ幾らでも生産しますともッ!




ついに私も対談を・・・!

ただ今は時間ないのでしばしお待ちを
絶対やりますよ~!


          チャボさん




期待が上がってまいりましたぁッ!!

チャボさんの対談ですかッ!んん~!もう凄い期待ageとしか言いようが無いッ!もどかしいッ!この思いを言葉にすることが出来ない自分の未熟な語彙がもどかしいッ!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/20(月) 21:44:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第一回

moe:ネタが無いなら作れば良いじゃない。

天使:はぁ・・・。

悪魔:・・・確かにそうだけど・・・作れなかったんじゃないの・・・?

みーこ:完璧に非現実の世界に逃避しよというのか・・?お前は・・・。


moe:そんなわけで・・・・・。







































moe:第一回!対談バトーン!!

天使:対談!?

悪魔:バトン!?

みーこ:また安易な道を選んだな・・・・。


moe:ルールは簡単。誰とでも良いのでこれから出題する幾つかの質問に対談として答えてください。
いままで対談していた人も、これが始めての対談になる人も・・・・・絶対、対談!ちなみに、文章をここまで読んでしまったあなたは強制的にこのバトンを回す義務を負うことになります。大変申し訳なく思いますが、頑張って回してください。


天使:なんて性質の悪い地雷・・・・。

悪魔:というか、こういうのを無茶振りって言うのよね。

みーこ:無茶って言うか滅茶苦茶だな。

moe:さぁっ!そんなワケで対談バトン、スタートですッ!!






問1:伸びきったラーメンの方がじつは好きである。


天使:なんですかコレェッ!?

悪魔:実はって何よっ!?好きじゃないわよっ!!

みーこ:であるって言い切られたぞっ!?質問じゃないぞっ!?

moe:でも居るよね、伸びきったラーメン好きな人とか、スカスカにボケたリンゴが好きな人とか、湿気た煎餅が好きな人とか・・・。

悪魔:しけた煎餅・・・・私も嫌いじゃないかも・・・。

みーこ:え・・・。悪魔は湿気た煎餅食べるのか・・・?

悪魔:意外とお茶にあうのよ・・・?今度食べてみなさいよ。


天使:そもそもお煎餅を食べる機会事態が私少ないですねー・・・。

みーこ:悪魔のオヤツは煎餅かケーキだもんな。

moe:和洋混同も良いところだ。

悪魔:いいじゃないっ!好きなんだからっ!



問2:お風呂で身体洗う順番は?



天使:んー・・・。

みーこ:頭っ!頭が一番だっ!

moe:みーこはネコなのにお風呂好きだよな。

みーこ:ネコ言うなっ!

悪魔:私も頭・・・・だと思うけど・・・。

天使:・・・・からだ?

moe:チンごはぁッッ!!??

悪魔:それ以上言ったら喉エグるわよ。

moe:俺は質問に答えようとしただけだッ!それを鉄扇で殴るなんて酷いじゃないかッ!

悪魔:あんたが質問にかこつけてセクハラしようとしてたからじゃないッ!!


問3:明日地球が滅びるとしたらどうするべさ。


天使:べさ・・って・・。

みーこ:なぁ、なんで質問内容に統一性が無いんだ・・・?

悪魔:バトン考えたヤツの思考にも統一性が無いからよ。

moe:酷い言われ様!


天使:でも明日地球が滅びちゃったら私どうしましょう・・・。

悪魔:たぶん、こんな所でこんなヤツと喋ってないと思うわ。

みーこ:私なら星に帰るけどな。

moe:僕は多分、寝てます。

悪魔:もうその人生、大分無意味だと思うの。死んで見ない?


moe:こんなに自然に死を迫られたのは初めてです。


問4:なんでお前ピアスあけたの?

天使:親しげですぅっ!?質問内容が親しげですぅっ!?

悪魔:ピアス開けてな人だったらどうするのかしら・・・私も開けてないし・・・。

みーこ:ピアスって耳に穴あけるヤツだろっ!?怖いな・・・!私には無理だ・・・・!

moe:みーこの耳はとっても敏感なのでした。そして、なんで俺はピアスの穴あけたんだろうね。なんなんだろうね。この穴。

天使:なんなんだろうねって・・・ピアス入れる穴ですよね・・・?


moe:なんで金属の棒やら金属のリングを入れなきゃいけないんだ?これ必要あるのか?これなんかに使えるのか?

悪魔:あけたのはあんたでしょ・・?私達に聞かれても・・・・。


みーこ:あれだろ?moeはピアスにワイヤーひっかけてクレーンで吊り上げて貰うつもりだったんだろ?

moe:痛いよっ!?尋常じゃない拷問だよっ!?




問5:今欲しいものは何?


moe:ipod。新しいipodが欲しい。


天使:私もipod欲しいですねー・・・。


みーこ:私はイワシが欲しいなぁ・・・。春は美味しいらしいぞ・・・。

悪魔:・・・・私は・・・・特に無いかな。


天使:なんで悪魔ちゃんは顔赤いんですか・・・・?

moe:きっと恥ずかしいものが欲しいのさ。

悪魔:違っ!違うんだからねっ!?勝手なこと言わないでよっ!

みーこ:真っ赤になって否定するあたり・・・・。

天使:悪魔ちゃん・・・嘘、美味くなりましょうよ。


悪魔:違うっ・・・!違うんだからっ!!


moe:グーグルの検索履歴に「バストアップ」「豊胸」って単語が目立つのだが。何調べたか位、消しておこうぜ。

悪魔:うゅぅ・・・・。


moe:まぁ、良いと思うぜ、その位目立たない胸の方が帰ってエロイって田中(仮名)も言ってたしさ。

悪魔:目立たないって・・・目立たないって言うなぁっっっ!!!!!!!


moe:あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああアーッ!




問6:将来なりたいものは?


moe:何されても痛くないサイボーグ。

天使:流石に目を背けたくなる光景でした・・・。


みーこ:悪魔って怖いな・・・?悪魔って怖いな?(天使の後ろに隠れて。

悪魔:moeが悪いんだからねっ。私知らないから。


みーこ:ところで、天使は将来何になりたいんだ?

天使:今は・・・あんまりなりたいものは無いけど・・・・小さいころは宇宙飛行士になりたかったですよぉ!

みーこ:宇宙飛行士かぁ!

悪魔:なんだか男の子みたいね。

天使:宇宙から地球が本当に丸くて青いか確かめたかったんですよ・・・。

みーこ:私は小さいころから地球の調査員になりたかったな。毎日、栄養剤を注射して空腹を誤魔化す薬を飲むのに苦痛を感じていたから・・・早くモノで溢れている地球に行きたかったんだ。


天使:みーこちゃんの惑星は人口爆発で食糧危機に陥ってるんですよね・・・。


みーこ:うむ。私はそれほど貧乏な訳ではなかったから栄養剤も空腹を誤魔化す薬も手に入ったが・・・・貧困地域の子供の90%以上は2歳の誕生日を迎える事無く死ぬ・・・・そんな星だ。


天使:早く、みーこちゃんの惑星と地球が手を取り合う日が来ると良いですね・・・。


みーこ:そうだな・・・・そのためにも、この星が「命の星」であり続けてくれないと・・・だがな。



moe:SFチックに盛り上がっている所悪いんだが・・・・。俺の小さいころの将来の夢、聞くかい?




天使:遠慮します。

みーこ:結構だ。


moe:あれは15年も前の話だ・・・・。




天使:CM入りまーす。





<CM挿入中>






moe:という訳だ。


みーこ:得意気だが見事にオンエアーされて無いぞ?


moe:侮るなよ・・・?空白部分をドラッグすると・・・・・アラ不思議!!


天使:まさかっ!!



moe:何も無い


みーこ:読者に謝れッ!!


moe:で、悪魔は小さいころ何になりたかったんだい?


悪魔:なりたかった・・・っていうか・・・・今もなりたいん・・・だけど・・。


天使:えぇっ!何になりたいですかっ!?



悪魔:え・・・えっと・・・・・ケーキ・・・屋さん。




みーこ&天使&moe:か・・・可愛い・・。


moe(囁き:なんだっ!?悪魔がっ!悪魔が清純そうな輝きを放っているぞッ!?

みーこ(囁き:この中で1番無垢で純粋そうだぞッ!?なんだか照れてるぞッ!?

天使(囁き:はぅー!凄く可愛いですぅ!ギュってしていいですか!?良いですよねっ!?良いですねっ!!良いに決まってるっ!!

moe(囁き:天使っ!まてっ!何勝手に自己正当化してるんだっ!このレズビアンめッ!!


悪魔:ねぇ、なにブツブツ話してるの・・・?


天使:悪魔ちゃんならきっとなれますッ!!

悪魔:え?

みーこ:そうだッ!悪魔ならきっとなれる!

悪魔:そ・・・・そうかな・・・・わ、私、頑張る・・・ね!
















問7:夢を諦めた理由。


悪魔:諦めてないわよッ!!!

天使:この質問考えてる人性格悪いですね・・・・・。

みーこ:人間として崩壊してるな・・・・・。


moe:HAHAHAだって俺が考えてるんだぜ?


天使:あー・・・・そうでしたね。

みーこ:そういえば・・・納得。


moe:で、さっき天使は「宇宙飛行士になりたい」って言ってたけど、今はそうじゃないだろ?なんで?


天使:・・・・・私・・・馬鹿ですもん・・・・。


みーこ&悪魔&moe:うわぁ・・・・。


天使:学年末期末考査、点数知りたいですか・・・?(どんよりと澱んだ目


一同:結構で、ございます・・・・・。


問8:お疲れ様でした。




moe:そして、秘話。


悪魔:唐突ね。


moe:この文章、一回かきなおしてます。


みーこ:というと?


moe:投稿しようと思ったらネットが切断されて、なぜだか下書きも保存されていなくて仕方が無く一から書き直しました。ホントふざけんな。


天使:お気の毒です・・・・。







コメレス


バイクご愁傷様です

地域行事の花見なんて飲み食いの口実ですからねぇ
せっかくの日曜なのに・・・
ドンマイです!



           チャボさん






いってみたら焼肉ですらなかったです。なんか凄いお惣菜っぽいのが死ぬほど並んでて、それを肴にビール飲むというわけ分からない状態でした。爺様。オラ、肉が食いてぇよ。




バイクがご臨終!?
南無阿弥アーメン・・・え?まだ死んでない?


花が無ければ自らが華となればいいじゃない


              尻さん




バイク屋から電話があって直ったそうです。良かった良かった!

私が花の如く咲き誇ったら、テロ扱いで絞首されちゃうので止めておきます・・・・!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/19(日) 20:23:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あぁ、ネタが無いネタが無い

moe:ブツ・・・・ブツブツ・・・・ブツブツブツ・・・・。


悪魔:ね・・・ねぇ、何があったの・・・?

天使:わ・・・わからないです・・・・気付いたらあそこに座り込んで・・・・。

みーこ:私達が見つけてからだと・・・・少なくとも三時間はずっとあの状態だ。

悪魔:・・・・・。

moe:ブツブツ・・・マサカ・・・・マサカ・・・・ネ・・・・・フフフ・・・・ブツブツ・・・・。

悪魔:ちょっと何があったか聞いてくるわ・・・。

天使:悪魔ちゃんっ!?止めた方が良いですよぉっ!?なんか今は近づかない方が良いですよっ!?

悪魔:そんなこと言ったって・・・・いつまでもあそこ(部屋の隅)でああして(体育座りで呟き続ける)られたら・・・・なんか良くないものが生えてくるわ?

みーこ:なんだか最近、悪魔の面倒見が凄く良くなった気がするのだ。なんでだ?

天使:<母性は胸を育てる>・・・・悪魔ちゃん、なんですか?これ・・・。


悪魔:なっ!?

天使:こういうストーリーは大抵ネタに都合が良いものですよぉ・・・・。

悪魔:moeみたいなこと言うわね・・・・。

moe:・・・・・・ふ。


みーこ:moeが・・・moeが立ったぞっ!


天使:はぅー!きっと良からぬコトを悟って私達にその最終奥義を見せ付けんとファイナルバーストするつもりですよぉッ!?

みーこ:天使ッ!落ち着けッ!意味がわからんッ!

悪魔:で・・・・moeはどうしたの・・?


moe:いやね・・・それがさ・・・。

天使:はぅぅぅッ!聞いちゃダメですよぉッ!この言葉は三次元宇宙を作り出す亜空間転移プログラムを含んだ洗脳ワードですぅ!聞いたら体内にmoe細胞が増殖しtうにゃぁッ!?


moe:天使、落ち着け、意味がわからん。


天使:ハリセンで叩かれましたぁッ!?死んじゃうですぅ死んじゃうですぅッ!?


悪魔:天使ちゃんが今日はテンション高いわね・・・・。

moe:人の話を聞く気が無いアホ娘は放置して・・・・・本題に入ろう。


みーこ:本題・・?


moe:なぜ俺が落ち込んでいたか!


悪魔:ホントどっちでもいいネタね・・・・・。


moe:いやいやー!もうね!内輪ネタっていうか、なんかそんな事でしかネタが作り出せないんですよぉ!いつだったか予告したけど、ネタ切れ注意報がmoe的全国に発令されちゃって阿鼻叫喚ですよ。


悪魔:moe的全国ってなんなのよ・・・ってツッコミは置いといて。

moe:悪魔がやると古いはずのジャスチャーが新しい萌えの扉のような気がしてくる・・・。


みーこ:アレだな。ギャップ萌えと言うヤツだ。

moe:ギャップ・・・萌え?


みーこ:その通り!ギャップ萌えというのはな、普段からは想像もつかない、かけ離れた自分を演出して見せることで自分の可愛さのポテンシャルを一気に引き上げるコトで萌えを引き出す萌えだ!

moe:なるほどッ!学校では根暗っ子が私服になったら「あれ・・・コイツ・・・可愛いじゃん」とか思わせたりして、それでちょっと放っておけない空気を放ってみたりしてフラグが立つという・・・・あの!!


悪魔:あのってどれよ。話す気無いの?

moe:悪魔は聞きたいの?

悪魔:うん。

moe:え・・・?

悪魔:あ・・・。ちょっ、ちょっと!自然なフリすぎて「うん」って言っちゃったじゃないっ!?取り消しよっ取り消しっっ!!

moe:ちなみにみーこ、これはなんていうんだ?

みーこ:ツンデレだな。使い古された古典的な萌えだ。

悪魔:私にとって不名誉な称号が貶された・・・。不名誉な称号なのに悔しいのはなんで・・・?

moe:で、ですよ。いい加減話が進展しませんから話しますけどね?

みーこ:うむ。

moe:バイクぶっ壊れました。


悪魔:!?

みーこ:!?

moe:ある日、気持ちよくぶっ飛ばしてたらいきなりアクセルが抜けちゃってね。どんなにアクセル捻っても加速しない訳ですよ。

悪魔:それって・・・

みーこ:エンジン焼けちゃったのではないか・・・?


moe:で、結局一旦止めた後に、どうにかこうにかエンジンかけて、凄いエンジン不調なまま家に帰ってきてエンジン見てみたわけですよ。


悪魔:それで・・?

moe:案の定ぶっ壊れてた。オイルホースが破裂してやがった。

みーこ:うわぁ・・・・。

moe:バイク屋持ってったら『焼け付く寸前かもね』って言われた。


悪魔:・・・・・。

みーこ:悪魔、残念だったな?


悪魔:え?


みーこ:moeの後ろに乗れないな。


悪魔:もうその手には乗らないから・・・・。

moe:でもじつはちょっと乗ってみたかったり。


悪魔:べ・・・・べつに・・・・・moeじゃなくても良いんだからね?


みーこ:ツンデレという。


悪魔:うるさいっ!
続きを読む
  1. 2009/04/18(土) 21:50:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あぁ、困った困った

moe:困ったことが起きたんだ。

天使:えぇっと、moeさんはいつも何かしら困っていると思いますよ・・・・?

みーこ:というかいつも周りを困らせているな。

悪魔:というかもうmoe自体が困ったモノよ。

moe:なるほど、俺自信が困ったものだから俺はいま困っているのか・・・・。なんて底が浅いんだか深いんだか分からないようなやり取りを俺は期待してる訳じゃなくて、普通に「どうしたんですか?」って聞ける良識あるヒロインはここにはいないのか?

女子一同:どうしたんですか?


moe:いきなり良識アピールするなよ。もうお前等に良識が無いことなんて今までの記事で明らかになってるんだよ。


悪魔:で、本当にどうしたの?


moe:なんだかんだで聞いてくれるのはやっぱり悪魔だけだっ!他のやつらは頭が弱くて会話が進展しない・・・・!

悪魔:言わないなら私寝るわよ・・・?

moe:じつはな・・・・・IPOD様がヤバイんだ。


天使:ヤバイ・・・とは・・・?

みーこ:だってmoeの持ち物だしな。一見して普通でもきっとあらゆるものがヤバイと思うぞ?


moe:俺だから~~っての止めてくれるかい?まるで俺が諸悪の根源みたいじゃないか。っていうか殆ど病原菌あつかいじゃないか。

みーこ:病原菌より尚たちが悪い。殺しても殺しても蘇る。

moe:もういいや、弁解することを諦めた。

悪魔:ねぇ・・・眠いんだけど・・。

moe:で、ですね・・・・IPODさまの充電の減りが異常に早い訳ですよ。

悪魔:異常って・・・・どのくらい・・・?


moe:まさしくマッハ、音速の如く充電が消えうせる。昔なら8時間くらい余裕で連続再生していた可愛い俺のIPODさまはいつの間にやら3時間連続再生がやっとのご老体と化しているのです。

みーこ:三時間って・・・。

天使:いったいどれくらい使ってるんですか・・・?そのIPOD・・・。

moe:大体・・・・三年くらいかな・・・。

悪魔:バッテリーがもうダメなのね。きっと。

moe:しかも、タッチパネルの反応が日に日に鈍くなっている気がするんだ。意味も無く電源がいきなり付くしさ・・・。

天使:買い替え時ですねー・・・。


みーこ:最近ネタがないなー・・・。


悪魔:寝るわよ。

moe:コメレスは多分また明日・・・・。なんだか今日はお疲れです。悪魔よ、可愛いお前に素晴らしい抱き枕をプレゼントしてあげよう。


悪魔:抱き枕・・・・?


moe:moezokuseiのプリント抱き枕ー。


悪魔:死ね。(プリント抱き枕を立て真っ二つに引き裂いて部屋のドアを閉じる。


moe:よよよ・・・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/18(土) 00:00:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本人

moe:現代の若者達の言葉の乱れという問題の根底は若者達の活字離れにある。

天使:いきなり真面目な顔してどうしたんですか・・・・・?

悪魔:二言目にはどうせまたアホなコト言うわよ・・・。(牛乳をゴキュゴキュ飲んで


moe:だがしかし、実際はこうしてブログもやるし最近流行のプロフとか言うのだって、新聞だって雑誌だって・・・・あれ、活字だろ・・・?別に活字離れしているとは言えないと思うんだ。

悪魔:・・・・・・?

天使:あれ・・・?真面目です・・・?

みーこ:・・・・・えっと、近くに脳外科ってあったっけ・・・?

moe:いやいや、元々俺はこういうわけ分からないところに疑問を抱くタイプの人間だから。今日も至って普通だから。

悪魔:いたって普通に常識とズレてるワケね?

天使:でもでも、確かにそうですよねぇー・・・。別に若者が活字離れした訳じゃないですよね?

みーこ:確かにな、むしろ情報化社会が更に進展して、若者は昔より更に情報に敏感になっていると思うのだが・・・。

悪魔:情報媒体も増えたしね。

moe:ということは、なぜ、若者の活字離れが騒がれるか・・・。

悪魔:また小難しい話をブログネタとして提起したわね・・・・。

みーこ:というか、何の小論文を書きたいんだ?貴様は・・。

moe:まず、本当に我々若者が活字離れしているか・・・。ということについて、答えは否。活字とは広義の上では連続する文字のことを言う。連続する文字という解釈は非常に大きく捕らえることができ、言うならば雑誌の写真の下の短い説明文すらも活字という扱いになる訳である。

悪魔:・・・・それは、印刷されたものに限るの・・・?

moe:狭義の上では印刷されたものに限るようだけれど、一般的な広義の上ではデジタルフォントを含める広い範囲を「活字」と定義しているようだね。

天使:ということは、私達・・・若者は活字離れしてないんですか・・・?

moe:少なくとも、過去より大幅に活字から離れた・・・ってコトは無いと思うよ。


みーこ:じゃあなぜ活字離れが叫ばれているんだ?

悪魔:そうね・・・・専門職の人が活字離れを叫ぶんだからきっと何かしらの理由があると思うわよ?

moe:そこなんですよ。活字離れってモノの定義は実を言うと実際に「活字を読まない」って部分に重点が置かれているわけじゃなく、学生や識者の知的水準や勉学意欲の減退等の原因のひとつとして使われるコトが多いようだ。ちなみにwikipediaに書いてある。

天使:さすがwikipediaです・・・!

moe:兎に角、現代の若者の活字離れはありえない。特に中学生以上は情報に敏感であるほうが何かと得をする。そう言う世の中へと代わっている。その中で情報媒体として最も有効でもっとも使用頻度の多い活字を読まないなんてコトがあるわけは無い。

天使:でも・・・・現代の若者の言葉の乱れとか・・・・。

悪魔:そうよね・・・・活字離れで説明付けられないとしたら・・・・なにが原因なの?

moe:そこで、視点を変える。


みーこ:視点を変える・・・?

moe:日常的に目にするテレビ、情報媒体としてのインターネット、携帯電話その他各種雑誌。これらに書かれている文章が乱れていたら・・・・我々若者はどうなるのか・・・?

天使:・・・・!

悪魔:なるほど・・・・。

みーこ:moeがなんか誇らしげだぞ・・・? 

moe:我々が生きていく中で徐々に変化している言語。今から20年前とは明らかに違う発音をする言語。今近では「KY(空気読めない)」や「MW(間が悪い)」等と言ったコレまでとは一味違う略語までもが会話の中に登場するようなった。ともなれば、メディアは情報媒体の使用頻度が多い若者向けにそう言った"新しい言葉"を多く取り入れるようになり、それらの言葉はメディアを介して全国規模で広がる訳である。


天使:つまり、私達が新しい情報を得ようとメディア(活字)に触れるとその活字はもう既に"乱れた言葉"になっているわけですね・・・?

moe:いや、実際の所、一概に"乱れた言葉"とも言えない訳だ。刻一刻と変わる時代の中で、いまでも頭にチョンマゲつけて「拙者は云々」と喋るのなんて考えられないだろう?

悪魔:まぁ・・・そうね。

みーこ:そう言うのを時代錯誤って言うんだぞ!

moe:その通り。時代が変われば何かが変わる。着物は洋服に変わり、街並みも変わった。とするならば人間が使う言語が変わるのも、これもまた必然。とするならば、時代とともに変わった言語を「乱れている」等と否定するのは甚だおかしい気がするわけだ。

天使:な・・・なるほどぉ・・・!

悪魔:常人ならそんなこと思いもよらないけどね・・・。

みーこ:こいつ馬鹿だからな?変な所に疑問を抱くからな?

moe:僅かでも真面目に喋ればすぐに罵られる。馬鹿なことやっても罵られる。なんなのこれ?どっかで変なルートに入ったのかな?moezokuseiマゾルート?いつか気持ちよくなる日が来るの?これ。

天使:話が大幅に脱線してますよぉ・・・?

moe:脱線させたのはお前等だけどな・・・ってのは置いておいて・・・。つまるところ、我々、若者が使っている言葉は乱れている訳ではなく時代とともに進化したワケだ。日常会話においては


天使:日常会話に・・・・?

悪魔:おいては・・・・?

みーこ:なにかまだ言いたい事があるのか・・・?


moe:気に入らんのはな。ファミレスの接客だ。アレって一体どういうマニュアルになっているんだ?アレこそ画一化社会の弊害だね。

天使:あー・・・たしかにファミレスの接客って「あれ?」って思うことありますよね・・・。

悪魔:私も・・・・。一度、ファミレスで珈琲頼んだら「ご注文を繰り返します」って・・・一品しか注文して無いのに確認する必要ってあるのかしら・・・?

みーこ:店員の頭が弱いんじゃないのか?ちょっと叩いてやれば直ったかもしれん。

moe:まぁ、店員のそう言う完璧にマニュアル化された接客も問題ではあるんだが、何より気に食わんのが、俺が飯を食べ終わって、食後のデザートを待っているときだ。机の上には俺が食べ終わった皿が置いてあるワケで、それをボーイが下げようとしたわけだな。で、下げる前に当然ボーイは俺に「この皿を下げてもいいか?」ってのを聞くわけだが・・・・そのボーイはこう言いやがった。








こちらのお皿、お下げしてよろしかったでしょうか?



















moe:馬鹿か貴様はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!



moe:よろしかった?って何なんですかね?まだ下げても居ないのに「よろしかったか?」ですよ?日本語の乱れ依然に、おかしいでしょう?日本語として、日本語としておかしいし明らかに会話がかみ合わないだろ!?

天使:たしかに色んな所でおかしな日本語が目立ちますよね・・・・。


悪魔:でも、結局の所そう言うミスがあるのは若者のボキャブラリーの低下にあるんじゃないの?

moe:さすが悪魔。胸が無くても頭がある。

悪魔:ぶっ殺されたいのかしら・・・?

moe:遠慮します・・・。・・・っと話を戻して、確かに俺は時代とともに変化を続ける言語に違和感を感じないしそれを"乱れ"といって批判するわけではない。だがしかし、そう言う変化がある中で、まだ変化してはいけない、最低限のマナーとモラルを必要としている言葉達のコトを忘れて自分勝手にワケの分からない言葉を作り出して言ったりするのは良くないと思うんだ。
何よりも、言葉って言うのは常に相手が居て、自分がいて成り立つものだ。その言葉を間違った使い方をしていたり、いい加減に使っていれば、気付く相手はそれに気付くし、気付かれたのなら自分の底の浅さを知られたのと同義といっても過言ではないと思う。つまるところ、変化していく言葉を会得して日常会話で使うのは大いに結構。しかし、社会で生きていくうえで最低限の教養となる言葉くらいはまともに使えるようになりたいではないか。いい加減な接客をして相手に『アレ?』と思わせないように・・・・・日本人として生まれたからには日本人としての教養を身につけるべきだと思うのだ。


みーこ:日本人の礼儀の美しさはその腰の低さにあると言う。

天使:つねに自分以外を敬い、教えを請う姿勢が大切なのですよぉ!

悪魔:それを忘れて、自分と相手は常に対等・・・・それどころか自分の方が上などと思うようでは・・。

moe:美しい日本語は操れませんよ。折角、こんな表現が多様な言語の国に生まれたのですから、厚みのある温かい言葉を使いたいじゃないですか・・・。






そしてコメレス。


よぉ~し!
私も今度作ってみますよ!

しかし簡単かつ美味しそうな・・・
尊敬に値しますよ!


        チャボさん



本当に簡単でお手軽です!オリーブオイルも家に1つ置いてあると凄く重宝しますよ!今度はもう少し丁寧に作る煮込み料理でもUPしてみます・・・!




パンツ一丁だと!?
こっちじゃまだまだ寒くて出来ません・・・

そして消し炭を寄こすんだ!俺が食べる!


                尻さん



パンツ一丁は良いですよー!開放感が違います!全裸だと尚よろしい!

消し炭は致死性のガスを噴射していたので地中深くにコンクリにつめて埋めました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/16(木) 21:24:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

moeと悪魔と天使の

moe&悪魔&天使:三分クッキングゥ!!!


moe:でもじつは三分じゃない。

天使:語呂が良かったから三分って言ってるだけですよぉ!

悪魔:実際には30分くらい掛かるわ。

みーこ:私は料理できないから二階でテレビみてるな?







moe:そんなわけで、新社会人の皆さんとかそこら辺の主婦とかにオススメな"簡単リゾット"の作り方を紹介しちゃいますよ!まぁ、簡単を突き詰めるんならレトルトリゾット買ってくれば早いんですけどね。

天使:それを言ったらこの企画始まらないですからねー・・。

悪魔:というか、材料費的にも別に大してお得感は無いわよね。

moe:まぁ、ちょっと今晩は洋風で・・・!って思ったときに簡単で手軽にできるからってのが利点だからねぇ。早い話、夕飯なんて納豆と豆腐と御飯で十分ですから。

天使:兎にも角にもつくり始めましょぉー!





moe:さぁさぁ、若い娘のエプロン姿に軽く萌えつつ料理を作って行きたいと思いますよ。

天使:まず、用意する材料は・・・


ニンジン:一人前なら半分

タマネギ:一個

ニンニク:2欠け

豚肉:100g(それ以下でも全然構わない

あらかじめ硬めに炊いた飯:0.5~0.7合

カットトマト:二分の一缶

ローズマリー:適量

ローリエ:適量

オリーブオイル:適量



コショウ


090415_1944~0001


悪魔:意外とたくさん使うわね・・・。

天使:悪魔ちゃんはお料理上手そうですよね?

悪魔:・・・・・う・・うん。

moe:さてさて、まずはタマネギをザクザク切っていきますよ。タマネギはみじん切りにして、ひとまずはお皿に盛っておきましょう。


天使:moeさんの手捌きが凄いですぅッ!?

moe:HAHAHAこれでも小学生の頃イタリア料理店のシェフとか目指してて、若き日にフランス料理店のシェフだった親父に色々教えて貰ったりしたのさ。

天使:流石ですぅ!

moe:そういう天使の手捌きもなかなかのものじゃないか!

天使:いやぁー・・・自炊が多いので、必然的に料理はできるようになりますよぉ。大体、moeさんの家に来てるときの炊事担当私ですしね?

moe:そういえばそうだ、AHAHAHA!


悪魔:・・・・・グス。




moe:で、なんで悪魔はさっきからポロポロ泣いてるの?そこはかとなく可愛いぞ?

悪魔:うっさい!タマネギが目に染みるの!!

天使:・・・・・?

moe:・・・・・あー・・・確かに染みるっていえば染みないことも無いけど、そんな泣くほど?っていうか悪魔もっとサクサク切ってかなきゃタマネギの繊維潰しちゃうから、そりゃ目も痛くなるよ。

悪魔:わ・・・私は丁寧に作りたいのッ!!

天使:サイズバラバラですよ・・・?

悪魔:わ、ワザとなんだからねっ!?



moe:さぁ、悪魔ちゃんがモタモタしていたせいでタマネギ切るのに三分も費やして、本当だったらエンディングテロップの1つも流れるのですが・・・料理を続行します。


天使:次はニンジンを小さく切っていきます。一口大よりもさらに小さめにすると火が通りやすくなりますよー!ただし!ニンジンの味を楽しみたい!って人は大きめに切っても全然大丈夫ですっ!


moe:そしてお次はニンニク。ニンニクは適当なカタチにカットします。いっそのこと皮だけ剥いただけでも、俺敵には全然OKだと思いますが、今回はサイズをそろえてカットしました。

悪魔:写真だとニンジンとタマネギに挟まれた小さなお皿の上に乗ってるヤツね・・・?

moe:その通りです。

天使:次にお肉を取り出して底の深い器に入れ、塩と胡椒で下味をつけます。

moe:ここでmoe的マメ知識。トンカツを作るときもしっかりと下味をつけたほうが美味しく仕上がります。ちなみに、肉を煮込み料理に使うときは、煮込む前に軽く表面を焼いておくと良いです。焼くことにより肉の中の肉汁が必要以上スープに溶け出すことを防ぎ、肉本来の美味しさを長時間煮込んでも保つことが出来ます。

天使:これで下準備は完了です!


悪魔:ね・・・ねぇ、moe・・・・?ニンジンで花・・作ったの・・・凄い・・?


moe:何遊んでるんだお前は。そのニンジンも刻むから貸せ。

悪魔:えぇッ!?折角上手く出来たのよ!?だめッ!!

天使:なんだか今日は悪魔ちゃんが可愛いです・・・。

moe:そうだな、何かを必死に隠そうとしているようだ。


天使:気を取り直してタマネギを炒めます。

moe:タマネギを炒める前に、鍋に大目にオリーブオイルをいれ、弱火でオリーブオイルを加熱しておきます。オリーブオイルに気泡が上がり始めた頃に弱火にしてその中にタマネギを入れてください。


悪魔:ちなみに、オリーブオイルには悪玉コレステロールを分解する作用があるからダイエット効果も大いに期待できるわ。

天使:本当に質の良いオリーブオイルはそのまま飲んでも美味しいらしいですよぉ!

moe:で、悪魔。お前はなんで弱火って言ってるのに強火のままなんだ?

悪魔:えっ・・・。えっと・・・その・・・・う、うるさいわね!!私はこのまま炒めるのッ!!

moe:それならそれで良いけど・・・・あんまり適当なコトしてると、お前の今日の夕飯、悲惨なモノが出来上がるぞ・・・?既に野菜のサイズがバラバラだし・・・・肉が塩で真っ白になってるし・・。

悪魔:うるさいッ!!私は私の作り方があるのっ!!

moe:・・・・分かった、もう何もいうまい。

天使:タマネギを炒めるときはシャモジでかき混ぜ続けていると焦げ付かずに良い具合にできますよ!

moe:ちなみに、弱火でじっくりタマネギを炒めた再長時間記録は40分だ。タマネギの表面が溶けてドロドロになりだしていたが、そのタマネギが入ったカレーは尋常じゃなく美味しかった。

天使:タマネギは炒めると甘みとコクが出るので、それ以降の調理肯定でたくさんスパイスを入れなくても十分美味しいものになるんですよぉ!

090415_1951~0001

moe:しかし、そんなに気長にやってるわけにもいかないので、タマネギの表面が黄色く色づき始めたところでニンニクとニンジンを投下。


天使:それとローズマリーですね・・・って、無いじゃないですかっ!ローズマリー!!

moe:あると思ってたんですよ。

悪魔:ここでも無計画さで損してるわね・・・。

moe:悪魔の鍋の中はもうカオスすぎて見てられないですね。

悪魔:う・・・っさい・・・・。


天使:ちなみに近所のスーパーのスパイスコーナーとか見てみるときっとローズマリーとかローリエとかは揃えられると思いますよ!

moe:スパイスコーナーなんて大層な名前だけど、ようはコショウとかクッキングソルト売ってるところですね。

天使:ということで、今回はローズマリーが無いのでローリエだけ一緒に炒めます。

090415_1954~0001


moe:ここまでくれば後は早いものです。あらかじめ炊いておいた御飯を鍋の中に投入し、カットトマトを半缶ほど入れます。

天使:ちなみに、今回使ったカットトマトはコレです!

090415_1955~0001

moe:ホールトマトでも良いのですが、家に無かった!


天使:そしたら御飯をほぐしながらカットトマトと絡めていきます。御飯は直ぐに焦げ付いちゃうので絶えずかき回すことが重要です!多少腕が疲れますが気合で頑張るですよぉ!

moe:あらかた混ざったようなら、塩と胡椒で味を調えて完成です!


悪魔:・・・・グス

moe:・・・・どうした?またタマネギにやられたのか?

悪魔:ち・・・違うわよ・・・・。


天使:どうしたんですか・・・・?悪魔ちゃん・・・。


悪魔:ホントは・・・・できないんだもん・・・・。

moe:出来ないって・・・・・?なにが・・・?


悪魔:・・・・・・・料理。



天使:えぇっ!?

悪魔:私・・・・・これ・・・・失敗しちゃっ・・・グス・・・。


moe:何を泣いているんだ・・・・悪魔。


悪魔:だって、天使ちゃんもmoeも料理できるのよ!?一人だけ出来ないなんて・・・・言えないよ・・・!


moe:人生において大切なことは失敗を恐れずに挑戦することだ。


悪魔:・・・え?

moe:そして失敗の原因を追究し、もう一度同じ課題に挑むことだ。人はそうして自分の弱点を克服していく・・・・・悪魔は今・・・・料理に大切な「自分で作る」という第一段階を踏んだんだ・・・・味なんて関係ない・・・・見栄えなんて尚のこと関係ない・・・・。食べられるかどうかも関係ない。自分で包丁を握り、自分で鍋を振るったことに意味があるんだ!


悪魔:・・・・・・・moe・・・・・。


天使:悪魔ちゃん、私のを分けてあげますよぉ!

moe:そうは言っても消し炭と化したリゾットは食べられないよな。俺のも分けてやろう・・・。


悪魔:・・・ありがとう・・・・・天使ちゃん・・・moe・・・・。


090415_2006~0001



















みーこ:moeー!飯はまだか?



moe:お前の分作るの忘れてた。



みーこ:にゃぁっ!?



いやー、久しぶりに笑いが少ない記事をかきました。なんでお料理紹介すると毎回笑いがどこかに消えて、なおかつ文章が支離滅裂になるのでしょうか。



コメレス

悪魔ちゃんは寝る前あたりにバストアップ体操とかしてると思うんだ

つーかプリンッでも結構だと思うんだがどうだろうか


                   尻さん



個人的にはプリンッ位が好きです。何事も完璧に満たされているより少し物足りないくらいが良いとおもいます。




やっぱりこの時期は発情期なんですね~
だから春になると露出魔が出てくるんですね(笑)

と、家ではパンツ一丁の私が言ってみる

              チャボさん




風呂上りに全裸で徘徊し、あまつさえ庭先に上半身むき出しで出没する私はもう露出魔でしょうか・・・。なんてこった、ついに犯罪まで犯しちまった・・・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/15(水) 22:12:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二人

moe:というワケで、今回は俺の中でその地位をグングンとあげている悪魔ちゃんと二人きりで対談ですよ!!

悪魔:・・・・ねぇ、他の二人は?

moe:都合よく、今はお出かけ中なのです。

悪魔:・・・・・。

moe:・・・・・。

悪魔:・・・・・。

moe:・・・・・・えっと間が持たないのですけれども。


悪魔:二人で対談を希望したのはmoeでしょ。話、振りなさいよ。

moe:悪魔ちゃんの初恋はいつですか?

悪魔:えっと・・・・たしか中学の頃に・・・・・って!?何自然なフリで聞いてきてるのよ!?関係ないじゃないっ!!それに私の初恋なんて・・・・ブログのネタにしないでよ!

moe:と、赤面してうろたえる悪魔ちゃんが見たかっただけなのでゴバァッ!







moe:ホントはですね、今日はネタあるわけだったんですよ。

悪魔:ふーん。

moe:今日は俺が家計に優しい簡単レシピを紹介するつもりだったんですよ。

悪魔:ふーん。

moe:まぁ、明日やりますけどね。

悪魔:ふーん。

moe:ちなみに悪魔ちゃんはバストアップに何が大事だと思います?

悪魔:私は多めに牛乳飲んでるわよ・・・・・って、moeeeeee!!!!??昨日と言い今日と言い、なんでアンタはずっと私の胸のことばっかり気にしてくるのよッ!?

moe:悪魔ちゃんが・・・・心配だから。


悪魔:な、何が心配だって言うのよ!?

moe:そんな胸で乳が作れるかどうか。







<ただいま工事中>





悪魔:最近、ずっと胸の話ばっかりよね。

moe:だって男の子ですよ。そして季節は春。動物で言うと発情期の頃。

悪魔:で、moeも発情してる訳ね。

moe:ご名答、もうムラムラでクラクラしてムラクラしてる。

悪魔:・・・・。





コメレス



何故夢なんだ!巨乳でいいじゃないか!
何故夢なんだ!巨乳でいいじゃないか!

大事なのでもう一回言うよ!

巨乳でいいじゃないか


          尻さん




思い通りに行かないのが夢なのです。アレが夢じゃなかったら、悪魔ちゃんは幸せにタユンタユンしてられたのです。ですが現実は儚く厳しい。僕の夢が覚めると彼女の胸は精々「プリンッ」程度の貧相なものに変わってしまっていたのです。




おっぱいには夢と希望と脂肪が詰まってるんですね

だから人はおっぱいを求める、これは本能ですよ
逆らわず従いましょう


               チャボさん




『おっぱいには母の偉大さがある』

                       moezokusei

男の子は皆おっぱいに帰ります。おっぱいに始まりおっぱいに終わるのです。いえ・・・終わりはしません!終わるワケないのです!おっぱいが常にスタート!男の子は常に新たなスタートを求めているのです!!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/14(火) 23:16:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さてさて。

moe:おっぱい。


天使:えぇっと・・・。

みーこ:開口一番何をほざいているんだ貴様は。

悪魔:最低・・・。

moe:いやいや、そう言うなって。俺も男の子なんだからオッパイが嬉しいんだよ。今だってこうして6個3対の果実に囲まれている訳だし。

悪魔:果実とか言わないでくれる・・・?卑猥なんだけど・・・・。

天使:って言うか、いきなりどうしたんですか?今まではもう少し節度ある冒頭だった気がしたんですけど・・・。

みーこ:今回は冒頭からオチの勢いだな。

moe:世の中には出オチという気の毒な職業もあってだな・・・ってのは置いておいて。いやね、なんてこと無いんですよ。尻さんがブログで「おっぱいぱい」とか言ってたの見てさ、「あぁ、おっぱい良いなぁ」って思ったわけですよ。

天使:それでもあの語りだしはどうかと・・・・思いますよ・・?

moe:これから何話すかが一発でわかって良いじゃないか!

悪魔:あんな文字が文頭に踊ってるブログを見ようと思う人は少数派よ・・・・。

みーこ:というか、女の子の胸ばっかり見るのは良くないぞ。

moe:いまだかつてただの一言も俺は「女の子のお胸をガン見してます」みたいな単語を発して無いんだけど?どちらかというと「顔→胸」の順番なんですけど。

みーこ:女の子はそう言う風にあからさまに身体のこととか言われるの嬉しくないんだぞっ!

moe:・・・・あれですか?みーこさんペッタンコだから?嫉妬?

みーこ:にゃにおうッ!?貴様そこになおれ!!お前は今、全宇宙の幼児体系を敵に回したぞッッ!!

moe:はいはい、怒らない怒らない、まな板娘。

みーこ:死ねぇッ!!

moe:ぎゃふんッ!!





moe:で、思ったんだよ。

天使:何をですか?

moe:天使を筆頭にしてウチのブログのヒロイン諸君はお胸がアレだなぁーと。


女子一同:ビキッ

moe:美乳ならまだしも微乳を名乗るのもおこがましい有象無象ばっかりで・・・・ってあれ?部屋が寒い・・・?

天使:女の子を前にして良くそんなことが言えましたねー・・・(寒い笑顔を顔面に貼り付けて

みーこ:そうなのか、ようやく分かった、お前はMなんだな?マゾヒストなんだな?(乗馬用ムチが唸りをあげて床板を抉るっ!

悪魔:無駄なことしか考えられない頭なんて必要ないわよね・・・。(日本刀が鈍く光る。

moe:・・・・・・?









moe:はい、甚く反省いたしました。あー、字違う。痛く反省いたしました。

天使:まったくもうっ!moeさんは"でりかしー"が足りないですっ!

みーこ:全くだ、繊細な乙女の心を傷つけるようなことを平然と言うとは・・。

moe:地球上では乗馬用ムチで人のことを引っぱたくヤツを乙女とは言いません、猛獣使いといいます。

悪魔:それで、胸の話し以外で何かネタはあるの・・・・?

moe:いや、それが全く全然無い。

天使:無いんですかっ!?

みーこ:もしかして今日はずっとその・・・あれ・・・おっぱい・・・ネタで引っ張るつもりだったのか!?

悪魔:いくらmoeのブログだからってアレはまかり通るモノじゃないわよ・・・?

moe:まぁ、聞け微乳ども。


みーこ:貴様、まだ言うか・・・・!!

moe:巨乳に・・・・興味はねぇか・・・?


天使:きょ・・・


悪魔:にゅう・・・・・

みーこ:ぅにゃ・・・?


moe:ここに三瓶の"ある漢方"がある・・・・。

悪魔:ある・・・漢方?

天使:うさんくさいです・・・・。

moe:この漢方は・・・中国三千年の歴史がどうしたこうしたホワター!って代物で本等に効いちまうらしい・・・・。

みーこ:中国三千年の歴史がどうしたこうしたホワター・・・!なのか!?


天使:なんだか説明に頭足りないっぽい感じがありますけど・・・っ!

悪魔:で、本等に効くって何に・・・?

moe:豊胸効果・・・・だ。

みーこ:もらいにゃぁーっ!!!

moe:まぁ、まてっ!!

みーこ:にゃぅっ!?

moe:これを最初に飲んで欲しいのは・・・・悪魔!お前だっ!!!

悪魔:・・・・・えぇっ!?な、なんで私なのよっ!?

moe:俺は知っている。「胸は揉めば大きくなる」という迷信を信じて風呂の中で揉んでいた若き日のお前を。っていうか二ヶ月前、脱衣所でお前の悲しい呟きを聞いた。

悪魔:ホントに殺すわよっ!?

天使:悪魔ちゃん・・・・さきに大きくなって良いですよ・・・?

悪魔:哀れみに似た目で私を見るのを止めなさいっ!!

みーこ:牛みたいになれると良いな・・?

悪魔:馬鹿にされてる気がするわ・・・・。


moe:しかし・・・こいつを飲むには条件がいる・・・。

悪魔:また唐突ね。飲むって言ってないし。

moe:スク水を着るのじゃッッ!!


悪魔:なんでよッ!?

天使:なるほどですっ!

悪魔:分かったのッ!?

みーこ:その昔・・・・スク水には女性のバストのカタチを最良にする効果があるとか無いとか言う話が流れたり流れなかったり・・。


悪魔:結局どっちなのよ!?

moe:さぁ、悪魔よ・・・・スク水を着るのか?

悪魔:着ないわよ。馬鹿じゃないの?


moe:よし天使、悪魔のお着替えタイムだ。

悪魔:人の話を聞きなさいっっ!

天使:完了しましたっ!

悪魔:早ッ!?ってホントに着てるっ!?

moe:天使の必殺技、強制早変わり術。

天使:「強制」ってところがミソですよぉ!

moe:さぁ!もう御託はいい!早くっ!早く悪魔にクスリをををををををっ!!

天使:あいあいさー!

みーこ:んにゃー!

悪魔:や、やめなっ!やめなさいっ!!きゃあああああああああああ!!!





















悪魔:・・・・うぅ。

天使:・・・・・・ッブ

moe:大変だっ!天使が鼻血を吹いたッ!

みーこ:ホントに大きくなるなんてなぁー・・・。中国計り知れないのだなー・・・。

moe:クソッ!天使を助けたいのに悪魔の巨乳から目が離せないッ!どうなってるんだ!これは!!

みーこ:胸の魔力と呼ばれる特種能力だ。

悪魔:そんな卑猥な能力に目覚めてないわよッ!!!


moe:もう我慢できねぇッ!あ~くまちゃ~ん!!!!(飛び掛る







悪魔:きゃぁッ!?


















090413_2103~0002





moe:俺の中の大切な何かが暴走している!!

悪魔:は、離しなさいよッ!!どこ触ってるのよこの・・・ヘンタ・・・にゃッ!!??

moe:ぐへへへへへッ!!!



























































moe:なんだ、夢か。

一同:またかよッ!?


コメレス



こんなところで寄生生物になれる夢が叶うとは・・・
moeさんありがとぅーっ!

夢オチはね、あまりやるとアレなんですよ
アレです
そう、アレ
だからアレしておいたほうがいいですよ?
え、俺ですか?俺はアレだからもう大丈夫なんです
アレですから


          尻さん




意図せず夢をかなえてしまいました、凄くないですかッ!?

忠告受けた次の日に夢オチの記事書くってどうよ(笑)



いやー、とにかく悪魔ちゃんの巨乳を早くうpしたくて文章が焦りまくりました。

どうしようもないヘンタイだ(笑)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/13(月) 21:56:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

降ってくる

四月も中盤。空には燦々と輝く太陽、絶好の洗濯日和だ・・・。パンパンとmoeさんのワイシャツを叩いて伸ばし、物干し竿にかける。気持ちの良い春の風が駆け巡り、誰知れず私は微笑んだ。
「んっ・・・んー・・・・!」思いっきり伸びをして息を吸い込めば、少し冷たさを孕んだが息が肺一杯に溢れる。屋内ではまだ寝ているであろうmoeさんと悪魔ちゃんとみーこちゃん。休日は昼まで就寝。がセオリーの彼等は耳元でどんなに叫んでもピクリとも反応しなかった。

まぁ・・・・一人の方が気楽で良いときもあるんですけどねぇ~・・・。密かに心中呟いて、新しい洗濯物を物干し竿にかける。こういう単純な作業を一人でやっているとき。不思議と私は心が和んだ・・・。とくに、こういう風に天気が良いときは・・・・。普通の女の子は天気が良いときは心弾むモノなのだ。















で、あるからして・・・・普通の私の頭を疑わないで欲しい。家の前で人が倒れていた話を境に、私はなんだか頭が可愛そうな子みたいなイメージっていうか先入観が生まれてしまったらしくて、あちこちで「天使ちゃんは痛い子」って評判らしいのです。

で、今日もまた私はなんだか自分のスタンドになりつつ「不幸」を引っ張り寄せたようです。






「ふんふー、ふんふんふふーん♪」最後の一枚の洗濯物を物干し竿にかけ、丁度口ずさんでいた鼻歌も終わる頃にー・・・・背後で異音がした。その音は凄く表現しにくいのだけど『ドバタッ』と聞こえなくも無いし『ドグチャッ』に聞こえなくも無いし『ドバグチャタッ』に聞こえなくも無い・・・。なんというか、とりあえず私が聞いた音声の中で1番近いのは豆腐を床に落とした時の音。そんな感じの音が・・・・辺りに響いた。背中に飛んできたなんだか生暖かいものを気色悪く思いつつも、私は振り返った。

そこにはもう有象無象のアレな感じの物体が四散していた。赤かったり白かったり黄色かったりで阿鼻叫喚。地面に広がるアレな感じのアレは吐き気すら催す悲惨さで地面に半分めり込んで、その原型を止めていなかった。

「・・・・・ひぁ・・」腰が抜けてペタンとそこに跪けば、運悪く起床したmoeさんたちが異音に驚き家からゾロゾロと出てきちゃうわけで・・・・。




























moe:で、コレ何。

天使:わ・・・・わからないですぅ・・・。後ろでとんでもない音がしたと思ったら・・。

悪魔:なんだか・・・凄く、アレな感じよね・・・えっと、その・・・なんていったら良いのか分からないけど・・・・18禁・・・?

みーこ:とりあえず、モザイクかけような?ここら辺とか多分<ピー>だと思うんだ。で、これが<ピー>で<ピー>。あー<ピー>も出ちゃってるな。

moe:ピー音被せたらなんだか余計危ない感じの発言になったな。

みーこ:ちなみに、ざっと<ピー>を見たところ、こいつは人間だ。

moe:え?このトマトが?

悪魔:潰れたね。

天使:なんで皆さんそんな冷静なんですかぁっ!?目の前で人(!?)が死んでるんですよぉっ!?

moe:いやー・・・だってお前、これどう見てもちょっと生臭いトマトだよ。いうならば、豚とトマトの煮込みみたいな。

天使:止めてください!イタリア料理嫌いになっちゃいますッ!!

みーこ:そうは言っても、ここまで酷く潰れちゃうと、元が誰なのか割り出すものアレだな・・・。

moe:みーこさんの異性人パワーでなんとかしちゃってくださいよ

みーこ:無茶を言うな・・・。機材とか色々揃ってれば五分も掛からんが・・・・今の環境じゃ割り出すことは出来ん。

moe:そうなのか・・・・・。


天使:あの、あのあの・・・・警察呼びましょうよぉ・・・。


天使を除く一同: ・・・・・・。

天使:はぅぁッ!?なんですかッ!?なんですか!?その目はぁぁぁッ!!?「空気読めないヤツだなぁ・・・・良くこんなんでヒロイン名乗ってられるよなぁ・・・・ていうかレギュラーメンバー名乗るのもおこがましいだろ(笑)」って目はああああ!!??目が口ほどにモノを言ってますぅぅぅッ!怖いですよぉ!?


moe:ツッコミ以外に需要なし(ボソ

悪魔:"自称"天然キャラ(ボソ

みーこ:テンションだけのアホ(ボソ

天使:止めてくださいぃっ!?泣きますよぉっ!?泣いちゃいますよぉっ!?

moe:お前の体重が先月よりも2キロ増えたことを俺は知っている(ボソ

天使:はにゃぁっ!?何を言っちゃってるんで"しゅ"かぁぁぁぁ!?!?

moe:しゅ・・・・?

みーこ:噛んだな。噛んだ。

悪魔:さすが、"自称"天然キャラ。

天使:そんなの自称した覚えないですよぉぉぉぉっ!?





moe:で、どうするんだ?


悪魔:・・・・棒線一本で仕切りなおせるんだから便利なモノよね。

moe:君が言っている言葉の意味が僕には全然、全くパーフェクトに理解できない。

天使:というか・・・・これはどうしてこんな状態になっているんですか・・・?

みーこ:落ちてきたんだと思うぞ。

moe:落ちてきた・・・とは?

みーこ:落ちてきたんだよ。空から。

悪魔:空って・・・・どのくらいの高さから?

みーこ:まぁ・・・・損壊具合を見る以上、573メートル以上だな。

天使:なんでそんなことが分かるんですかぁ・・・・?

みーこ:人間の落下最高速度はおよそ300キロ。573メートルで最高速度に到達し、以後、人間の体はそれ以上の高さから落下したとしても最高速度は変わらない。と、するならば頭骨の損壊具合、落ちたときに衝撃で粉砕したであろう骨の断面を見れば・・・・大体の速度は推測できる。

天使:さすが・・・さすが、宇宙人さんです・・・!

moe:宇宙人関係ないと思うけどね。


みーこ:で、推測した所、この死体は最高速度でここに落下した訳だから・・・・573メートル以上落下した。という曖昧な答えしか出せない訳だ。

moe:で、状況はほぼ全く進歩していないと。

みーこ:それよりも、まずコレが誰か調べる必要があると思うぞ・・・?

悪魔:この・・・モザイクの中に・・・手を突っ込むの・・・?

天使:パスします。

みーこ:わ・・・私もヤだ・・・。

悪魔:絶対・・・・無理だから・・・。

moe:え?なんですかその目は?やれってこと?やれってこと?汚れ仕事担当?このトマトの中から本人を特定できる物品を探せと?インディージョーンズでも呼んでこいよ、アイツ、隠された秘宝をトレジャーするの得意だろ?

天使:m・・・・moeさん・・。

moe:なんですか?アホ天使。

天使:私の聞き間違いなら良いんですけど、名前の前に妙な称号がつきましたね?じゃなくて・・・。その・・・・えっと・・・・噛まれたら私達逃げますからね・・・・?

moe:え?この死体噛むんですか・・?

みーこ:そういえば・・・・ハラニスンデルー星人というヤツが居て、普段は宿主の体内で大人しくしているが、宿主が死ぬと死んだ身体を乗っ取り、宿主と同じ種族の生き物を食い荒らすヤツ等もいるな・・・・。

moe:すみません。それって今からグロトマトをかき回す人に向かって言う言葉じゃないよね?ねぇ、グロトマト焼いちゃうよ?焼いて良いの?

悪魔:い・・いいから早くやりなさいよ・・・。


天使:・・・・。

みーこ:・・・・。

moe:・・・・なぁ、悪魔よ。

悪魔:な、なにょぅ・・・・。


moe:なんでそんな後ろに居るんだい?

悪魔:う・・・うるさいっ!馬鹿!早くやらないと石投げるわよッ!?


moe:ツンデレだー・・・ツンデレだよ・・・・。

悪魔:投げるわよ・・・・ッ(直径30センチの石を持ち上げて。

moe:AHAHAHA!トマトをかき回すのは楽しいなぁ!お父さん頑張っちゃうぞッ!

















<NAME  尻 >



悪魔:ネーム・・・尻。

天使:尻・・・?

moe:どこかで聞いたことある名前だ・・・。

みーこ:なぁ・・・moe・・・もうグチャグチャしなくて良いぞ・・・?これが誰だか分かったし・・・。

悪魔:尻って・・・・ヤマダギ屋さんの・・・・ところの・・・?

天使:えー・・・っと、ごめんなさい、今回ばかりはついていけてません。

moe:うは、なんか硬いの見っつけた、なんだこれぇー!うは!おもしれー!

悪魔:moe!いい加減にしなさいよ!?いつまでもそんなもので遊んでるんじゃ・・・・・な・・?

天使:悪魔ちゃんどうした・・・・の・・。

みーこ:・・・・moe・・・それ・・・・なんで・・・動いてるんだ・・・?


moe:あ・・・れ?俺の手・・・、なんかおかしい・・・?うご、動いてるっ!?血がっ!血がぁあああぁあぁあぁぁああぁああっっッ!!!


みーこ:moe!?口を開けるな!乗っ取られるッッッ!!!


moe:くそッ!?血が!俺の中に入ってくるだとッ!?あああッッ!!!クソッ!血が!!血が"生きて"やがるッ!!!

悪魔:なんで・・・・!なんで血が勝手に動き回るのよ!?

天使:た、助けて・・・!m・・・・moeさん!?またふざけてるんですよね!?ねぇッ!!

moe:ぁあぁあぁぁああぁああ!!!痛ぇッ!!!痛えぇええぇぇぇぁああぁああぁぁあああぁッッ!!!!!

みーこ:クソッ!!逃げるぞッ!!

天使:ま、待ってください!みーこさん!!


悪魔:ねぇッ!行かないで!!腰が、腰が抜けて動けないのッ!!ねぇッ!!行かないでッ!

moe:あ・・・ぁ・ああ・・・ぁぁああ・・・・・。

悪魔:こ・・・・こっちに来ないで・・・こっちに・・・こっちに来ないでッッ!!

moe:腹ヘタ・・・。腹・・・・食イテェ・・・・。

悪魔:こっちこないでッ!嫌・・・・イヤ・・・・あぁああぁああぁぁあああぁあああぁあああぁぁああ!!!!!













































moe:・・・・・なんだ、夢か・・・。


一同:最悪だッ!!




はい、てなワケで楽しい楽しい「尻さんが降って来ちゃうお話」。

ようやくかけましたー!

尻さんとは対談していたので今回は尻さんセリフパート無しで、なんだか人のことを乗っ取る寄生体みたいな不名誉な役で登場しちゃいました。



申し訳有りません(深々


それでも何とかアレな感じに纏まったので、よろしかったら恐怖に慄く悪魔ちゃんの顔でも想像して、腕の中で震えるツンデレっ子を慰める妄想とかしてください。個人的には悪魔ちゃん凄い可愛いと思いますよ?あの子が

「私・・・・○○にだけなんだからね・・・・こんな風にするの・・・」とか言って胸元に抱きついてきたら・・・・。






























たぶん大家族になりますね。自分。




そんなワケで、尻さんにはこの上ないほど感謝しております。それでも感謝が足りない自分はちょっと山に篭って感謝の特訓でもするかな・・・・!とか思いつつ「そんな暇があれば良いんだけどな・・・」などと現実に引き戻されて・・・・。なんだか湧き上がった苦しさを紛らわすために・・・・。









―コメレス―


今日はよく文字のサイズが変わるな。とか思った人も多いコトでしょう!多いでしょう!多いよね!?




私もネタを溜めることができない質なので毎日画面とにらめっこですよ

でも最近は毎日じゃなくなりましたが(笑)


              チャボさん




ネタは溜めちゃうと新鮮さが失われてしまう気がして、ネタが思いついたら直ぐに文章にしています。本当はもっと小出しにしたいんですけどね・・・(汗

また近いうちにネタ切れ注意報が・・・。




真面目な話だなぁ・・と思って感心してたら
やっぱりmoeさんだなぁとwwww

とりあえず楽しく書ければいいですよね!


             図書館さん




真面目に語っていてもmoeはmoe。結局どこかで地が露呈して「あぁ、やっぱり底の浅いヤツだわ」とか思われてる損な人です!

でも実際、底が浅い人間だから仕方ない!(駄

文章は楽しんでナンボですよね!楽しくない文章は文章じゃないです!どんな文章にも楽しさを、ユーモアを!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/12(日) 00:00:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

本日二度目の更新

二度目の更新になりますが・・・・。え?天使?悪魔?猫耳?でませんよ?ヒロインが居ないお前のブログに価値は無い・・・?申し訳有りません。仰るとおりで御座います。私のブログは結局の所、三人ヒロインありきで回っております。というかヒロイン三人居ましてもようやくトントンという具合ですね。えぇ、分かっておりますとも。



そんなワケで、なんでいきなり二度目の更新かと言いますとですね・・・。

尻さんが空から降ってくるお話を書くにあたって、昔から考えている自分の文章のスタイルというものをちょっと書いてみるのもいいかな・・・・と思ったわけですよ。

兎にも角にも重要なものはたったの2ッ

まず1つ目。あくまで自分が楽しい文章であるということ。自分が書き終わって「うん、まぁまぁの出来栄えだな」と思える文章を仕上げることが、長い文章を書くコツだと思います。いえ、長い文章を書く必要は無いのですけどね・・・?私は文章は長い方が嬉しいのです。あっという間に読み終えてしまうとちょっとだけ寂しいな・・・と感じてしまう飽食気味な読者の一人なのです。ですから、後々自分が自分の文章を読んだときに、なるべくそんな空腹感を味わうこと無いようにたっぷりと記事を書くのです。

まぁ、上手い人は記事の量を適度に調節して小出しにするからネタが持続したり、後々に読者をひきつけたりするのですがね・・・・結局の所、私は自己満足でできています。

2つ目は頻繁に自分の書いた文章を読み直すこと。それもザックリと、ノリとテンションで。だから誤字脱字とかは見抜けない。私のブログで「行く」が「良く」になってたりするのは、私がノリとテンションだけで文章を読み直しているせいです。

ところで、なぜノリとテンションで読み直すのが重要か!?と言いますと・・・文章のテンポを把握してテンポが崩れている部分を修正するのに一躍買うからです。

例えばツッコミだって「なんでやねーん」ってツッコンだ方が良い場合と「貴様の脳髄は腐っているか膿んでいるのか?それとも、脳なんて高等な部位は存在していないのか?」とツッコンだ方が良い場合。色々ありますよね。

人間とは不思議なもので、耳に心地よかったり、音数が丁度良かったりする単語には必然的に惹かれます。四字熟語なんてものが好きな人も、意味が好き。というよりも「直感的な音の心地よさ」が好き。という部分にその重きを置いている場合が多々あります。

古くから川柳なんてものも日本にはあり、日本人は何かと文章にテンポや読み心地よさを求めがちです。つまり、どんなに長い文章を書くときも、ある程度のテンポとスピードを維持していくと、心地が良く読める文章になるのです。

逆を言うと、文章を読むときにその長い文章の中に存在するテンポを見極めさえすれば苦も無くあっという間に楽しく読めてしまう訳ですね。

さて、話を戻しましょう。ツッコミです。

先ほど例に挙げた「なんでやねーん」。あまりにベタで最早誰も使う人が居ないこのツッコミ。元祖ツッコミと言っても過言ではないこのツッコミですが、今ではカビが生えた骨董品扱いで、喜んで使いたがる人は誰一人としていません。そして私も少なからずその一人です。ですが、使用する局面によってはこの一言が大きな場面展開に使えると思わないでしょうか・・・?例えば・・・こんな一例。



moe:女の子の下着ってすげぇ派手なのに、なんで男の下着ってダサいの?

悪魔:唐突に何を言い出すかと思えば・・・。

天使:moeさんがレースのヒラヒラがついたパンツを穿くんですか・・・・?

moe:なんでレース?別にレースって言って無いじゃん?でもレースは穿きたい。

みーこ:薄気味悪いな・・・。

moe:なんでやねーん。


悪魔:・・・・・。

天使:moeさん。ツッコむ気が無いなら最初からそのネタ振らないでください。

moe:え?え?ちょっと待ってください。このツッコミは元祖ツッコミでッ・・!!

みーこ:そーかそーか、イタイのイタイの飛んでけー。

moe:ヤメテッ!俺そのものがイタイみたいな風に言わないでッ!!





と、こんな具合にたった一言ワザと滑らせるだけでもう何か新しい会話が生まれようとしていますね?日常的に行われる会話も意外とこのように何気ない一言でその進行方向を変えます。そのときの周りの人間の空気や、話している話題、今まで話してきた言葉の数々。それらの要素が複雑に重なりあって日常会話は成立している訳です。とするならば、グダグダと書いてきた記事にそれが必ずしも盛り込まれているわけではないのです。対談していたはずがいつの間にやら全員が同じ主観をもって語っている状態になりかねないのです!!

そんな恐ろしい状況だけは避けなければなりません!!


ということで重要なポイント②

ノリとテンションで読み直し会話にテンポがあるか確かめる。話のテンポとはそれ即ち全員の性格を生かした上での絶妙なコミュニケーションであり、抜群の言葉のキャッチボールです。低速で打たれるタイピング中なんてそんなものを見極められるとは思えません。


ということで、絶対、ノリとテンションで読み直して会話にテンポを作ろう・・・!!


悪魔:で、何やり遂げたような顔してるの?

moe:だって、久しぶりに俺一人で喋ってるぜ!?すげぇ長々と!

天使:途中で私達出てきてましたけどねー・・・・。

みーこ:話のフリ方が唐突過ぎるし意味不明じゃないか・・・?

moe:そ、そんなことないやい!ごく自然だい!!

悪魔:自然に下着の話し振るって・・・・。

天使:moeさんは日常会話までコレですか・・・・。

moe:・・・・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/09(木) 23:02:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空から降ってくるもの。

moe:んにゃー・・・疲れましたねー!

悪魔:いままでmoeが何してたのか知らない読者の皆様は疲れは愚か何がなんだか分からないけどね。

moe:必死に尻さんが落ちてくる話を考えていましたよ。

悪魔:そういえば、そろそろ落ちてくるころよね・・・。

天使:むむー・・・・。

みーこ:とりあえず、明日だな。明日にしてもう寝よう。

天使:みーこちゃんはオネムですかぁ・・・?

みーこ:ん・・・。ちょっとだけだぞ・・・・?くぁ・・・(あくび


moe&天使:も・・・・萌え・・・・。


悪魔:そんなワケでレス返よ。ふわぁ・・・・(あくび

moe&天使:・・・・・・。

悪魔:ち、違うからねッ!?狙ってないからねッ!?で、出ちゃうときは出ちゃうんだからしょうがないじゃないッ!

moe:・・・・・ッポ

悪魔:・・・気持ち悪いのは放っておいてレス返。レス返するわよ!!

moe:まぁ、俺がレス返するけどな?




改めてみるとすげぇ恥ずかしいww
稚拙でごめんなさい
とりあえず4人も居ると空気が生まれるね!
俺と猫ばっかり喋ってた気がするよ・・・


               尻さん




そうですねぇー・・・確かに改めて読むと恥ずかしい・・・。

ネコさんと尻さんの絡みは好きなので、むしろもっと絡んでください(黙




お疲れ様でした!

全員まんべんなく活躍(?)できたようで後腐れとかなさそうですね?
ただmoeさんと尻さんの致死率が高いという(笑)





死亡フラグ=究極の自虐ネタ。

どこかに後腐れ抱えてる天使っ子が居た気がしましたが、それはまた別の話・・・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/09(木) 22:11:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回moeと尻の合同対談企画ぅぅぅッ!

moe:いやいやー!前々からやろうと思っていましたけど、ついに実現しましたねー!

尻:ですねー!

天使:まさかホントに実現するなんて誰が思ってたでしょうねー・・。

尻:実に馬鹿らしい!

悪魔:身も蓋も無いわね。

猫:唐突だよなぁ・・・。

ひ:初デート・・・・!

moe:で、珈琲"ちゃん"と麻婆さんとの対談はこれで二度目になる訳ですがー・・・お二人とも、お久しぶりで御座います。

ひ:ちゃんっていうなぁッ!!

ま:おひさー

尻:古ッ!?

天使:そんなわけでして、色々無理があるこの企画ですが、全国28県ネットで今晩を突っ走ることになりますので、発言にはくれぐれもご注意をですよぉー!

猫:頑張ればなんとかなるッ!!

尻:よっしゃ!ちんk

ま:死ねぇッ!!

天使:あとあと、機材とかはお借りしているものなので、壊さないように丁寧にって・・あー・・・・・。

ま:というか28県ネットって多いの少ないの?(尻さんを照明機材の間から引っ張り出して

moe:微妙なところですよねー・・

天使:たぶん、東京FMと変わらないと思いますよ・・?

尻:そーなのかー・・・。

猫:みーこさんを出せ!ニャンニャンするッ!

みーこ:眠いぃー・・って、お?お?んぅ?対談始まってるのか・・・?

moe:こんのお寝坊さんめ!

みーこ:ふしゃーッ!

尻:とりあえず、対談始まってそろそろ十分が経過しますわよ。奥さん。

みーこ:んむぅ・・・。

猫:さぁ、みーこさん!俺とあっちでにゃんにゃんしようぜ!?

みーこ:うっさい近くにくるな。

一同:うわぁ・・・。

猫:くっ・・・・これしきのことでは負けん!ほーら、魚ですよー。

みーこ:んにゃぁ!?くれっ!私、お腹ぺこぺこなのだっ!!

猫:じゃああっちへ・・・。

みーこ:うんっ!

天使:釣られた・・・。

悪魔:釣られた・・・。

moe:釣られた・・・。

ま:もしかして・・・・みーこさん、頭弱い・・・?

moe:さて、頭の足りない愛玩動物は置いておいて・・

ひ:置いておいちゃダメだよ!?

悪魔:ときには現状を諦めることも必要だと思うの。

尻:全くだ。

天使:えっとぉーそれで珈琲くんと麻婆ちゃんは、はじめましてー・・ですよね?

ひ:どうもーはじめましてー珈琲です

ま:麻婆よ。よろしくね

moe:珈琲ちゃんは"くん"と呼ばれているのに気付かずに普通に挨拶した。

ひ:いや、それが普通だよ!?

尻:普通じゃない!

悪魔:珈琲ちゃん

moe:珈琲ちゃん

みーこ:珈琲ちゃん

moe:これはもう"くん"なんて名乗れませんなぁ!AHAHAHAHA!


ひ:うぐぅ・・・

天使:で、なんで猫さんはそんなにボロボロなんですか・・・?

猫:いや、そこのみーこさんに・・・

みーこ:お魚争奪戦だ。

moe:野生って怖いわー!

尻:恐ろしいわね!

悪魔:その野生が今まさに二人を狙ってるわよ

尻:マジか!

moe:尻さん

尻:なんでしょうかmoeお嬢様

moe:後は任した。(走り去る

尻:はぁッ!?待てッ!?逃げるなッ!?

moe:俺は風になるぅッ!

尻:俺もー!

みーこ:逃がすか馬鹿共ぉぉぉぉッ!!!

moe:ぎゃんッ!?

猫:つーかてめぇらが逃げたら対談にならねぇ!

尻:正論っ!?

天使:それもそうですよねぇー

ま:まったくねぇ・・・

悪魔:って言ってる間にmoeのヒットポイントは残り僅かよ。

尻:よっしゃ!トドメをさしてくれるッ!!

moe:貴様ぁッ!?

尻:おっと!手が滑って回復薬を使ってしまったぞ!(棒読み

みーこ:忘れているのかもしれんが、尻も私の獲物だぞ。

尻:尻って誰ですか?私は通りすがりの変態なのでそのような人はご存知ではありません

みーこ:通りすがりの変態 という節に苛立ちを覚えた。ちょっと死んでくれ。

天使:尻さんがホールトマトのようにぃ!?

ま:ちょ!?

ひ:あーあ・・・

悪魔:誰かモップ持ってきて。

猫:ハイ、どうぞ

moe:悪魔だッ!悪魔がいるぞ!?

悪魔:悪魔ですが何か。

ひ:普通に答えた!

天使:悪魔ちゃんはホントに悪魔なんですよー・・

ま:怖いわねぇ

moe:そんなわけで、尻さん。そろそろ液体から固体に戻ってください。

尻:へんじが ない しかばねの ようだ

悪魔:さっさと片付けちゃいましょう。

猫:まったくだ。臭くてかなわん

天使:とにかく、元に戻しましょうよ・・・。

ま:ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー

moe:どこかで聞いたフレーズだッ!?

ひ:撲殺天使!?

悪魔:撲殺ッ!?

尻:地獄の底から遣って来た!変態生物俺、復活!

みーこ:地球人類の恨みぃッ!

尻:あれ、これはあれですか。また死ぬんですかそうですk

ぐしゃぁッ!

<ただいま尻様が復活しておりますが、企業秘密によりお見せすることができません、しばらくお待ちください>


尻:復☆活

悪魔:それで、毎度毎度のことだけど。今回はどんな命題の元対談するか・・・・て決めてきてないわけよね?

moe:勿論さ。

ひ:それなのに呼んだの!?

天使:moeさんはアバウトでできてますから・・。

尻:流石moeさん、そこに痺れる憧れるゥ!

みーこ:これ以上自分を堕落させることは感心しないぞ・・・?

猫:まぁまぁ、とりあえずお題決めようぜ!

moe:とは言われましてもねー

尻:ねー・・?

悪魔:毎度それが決まらずにブログネタ不足なわけでー・・。

天使:これだけ集まってもブログネタは無いわけですよねー・・・。

みーこ:みんな馬鹿だしな?

moe:最たるものに言われるとは思っていなかったけどな、あ、ごめんちょっ、たmぱfgmk:がdf

尻:しっかりしろ、moeeeeee!!!!

みーこ:とどめ

moe:アーッ!

尻:あぁッ!?

猫:ご冥福をお祈りします・・・

尻:アーメン

悪魔:真面目にお題考える気ってあるのかしら・・・・?

ま:無いわね!

天使:いつにもまして手に負えないですねー・・。

猫:このままグダグダやってるだけでもいいんじゃないか?

moe:そういう安易な妥協が・・・・死を呼ぶんだぜ・・・・。

みーこ:死ねぇッ!

ひ:あ

悪魔:あ

天使:あ

ま:あ

尻:アーメン

moe:僕は召されるぅー♪

猫:南無阿弥アーメン

天使:混ざりましたぁっ!?

悪魔:宗教混同とかそういうレベルじゃないわね

猫:ほら、ウチ多神教だから

みーこ:関係ないと思うぞ。

ひ:関係ないね・・・

尻:え?違うの?

みーこ:というか、日本ってホントに色々混ざっているよな?

ま:流石日本文化、って感じよね

天使:仏教徒の人が普通にクリスマスを楽しむ国ですもんねー・・。

尻:死ね!バレンタインデー!

悪魔:バレンタインはお菓子屋の策略よ。

moe:今年は15個貰いました(ポッ

尻:血祭りじゃぁあああぁ!!!!

moe:え、また?せっかく密かに蘇ったのに?

尻:皆殺しにしてくれるわぁぁあぁあ!!

悪魔:皆殺しって・・・。

天使:私達もですぅ!?

みーこ:いいだろう相手になってやろう・・・。

猫:あらよっと

プス

尻:あ

尻・死亡(享年16歳)

悪魔:この人の場合一体どんな形式の葬式をすればいいのよ・・・?

moe:とりあえず、聖書を読みつつチーンってやろうぜ

ま:南無阿弥アーメンって唱えてあげればいいんじゃない?

みーこ:南無阿弥アーメン

猫:南無阿弥アーメン

ひ:な、南無阿弥アーメン?

悪魔:南無阿弥アーメン・・。

天使:南無阿弥アーメン・・?

moe:ラーメンソーメン。

一同:!?

みーこ:なんかやっぱり変だぞ?これ?(上目使いで天使を見上げつつ小首をかしげて。

天使:みーこちゃんかわいいですぅぅぅっ!

ま:暴走した!?

悪魔:いつものことよ

ひ:大変ですね・・。

moe:対談中はみーこと遊んでて会話に参加しないことも最近多いしね

天使:私イタイ子扱いされてますぅっ!?

尻:いいんじゃないかな。空気よりは

ま:誰のせいで空気扱いよ!?

悪魔:麻婆さん、よしよし。

ま:うわぁーんっ・・・

天使:悪魔ちゃんに聖母の微笑が・・・っ!?

moe:営業スマイルという

悪魔:殺すわよ・・?

尻:いやぁ、仲がよろしいことで

みーこ:仲がいいのはイイコトだっ!

猫:じゃあ俺らも仲良くなろうぜ!

みーこ:近寄るな。噛むぞ。

猫:最終兵器魚!

ひ:最終兵器安っぽい!?

みーこ:にゃーんっ!

天使:みーこちゃんに生魚あげちゃダメですよー

悪魔:おなか壊して大変なことになるから。

猫:えー・・・魚は生だろう・・・

moe:みーこがお腹壊すと

moe:攻撃力が三十倍に跳ね上がる。

尻:よし、やっちまえ

みーこ:んにゃんにゃっ・・・・!

天使:でも食べてる姿が可愛いから。

悪魔:ついつい与えちゃうのよね。

尻:そして俺は逃げる!

moe:尻さん、この部屋はもう次元の狭間を漂っているから逃げ出すことは不可能さ。

尻:なん・・・だと・・・ッ!?

moe:悪魔の使う特種能力でね・・・。

尻:ウゾダドンドコドーン!!!

悪魔:空間転移を繰り返す時間軸を捻じ曲げた亜空間にいる以上・・。

天使:宇宙で孤立しているのと同義ですっ!

moe:まぁ、俺等もね。

尻:オンドゥルルラギッタンディスカ!!

猫:えー、尻が日本語を解さなくなりました

moe:道連れだぁ・・・。

尻:HA☆NA☆SE

みーこ:ん・・・にゃ・・・・?

moe:来るぞ・・・。

尻:覚悟を決めるしかねぇみてぇだな・・・

ひ:急にかっこよくしようとしてる!?

天使:みーこちゃんには悪いですけど・・・。

悪魔:気絶させるしか無い見たいね・・。

ま:がんばってー

ひ:姉さん他人事!?

みーこ:んっ・・・ふぁ・・・んぁぁ・・・?

猫:すごく・・・エロいです・・・

みーこ:んにゃぁっ・・!だ・・め・・・っ!ッく・・・・んにゃああああああっ!?

尻:ビデオ撮影大丈夫、これ?

―そしてどこからとも無く部屋を包みこむ濃霧―


悪魔:これは・・・・空間を形成していた物質の残滓ッ!?

尻:何だコレ!くそっ!くそっ!

moe:まさか!みーこの覚醒が空間を崩壊させているのか!?

天使:ワケわかんないですよぉッ!?

ま:悪い事はできないわねぇ・・・

moe:冷静な人の近くにいると生存率が伸びるそうです。(麻婆さんの真横に立って

ま:こっちくんな

ドゲシッ!

moe:そんな殺生なッ!?

尻:皆殺し 皆で死ねば 怖くない

ひ:なんか悟ってる!?


一同が見守る中、それはゆっくりと立ち上がった。空間を形成していた物質を融解させ瓦解させ、圧倒的なまでの圧力を空間に滲ませて、それは頭についた三角の耳をピコピコと動かした。鋭い双眸で辺りを睥睨し、幾分成長した自分の体をしなやかに伸ばして・・呟くように問うた。

みーこ:生魚・・・・食べさせたのはどいつにゃ・・・・。

一同の胸中:にゃッ!?にゃッ!?「にゃ」と仰いましたかああああ!!??

尻:こ・・こいつです。

悪魔:こいつです

猫:ちょ、俺じゃねぇよ!?違うよ!?止めてね!?ゆっくりしていってね!?

moe:一人の犠牲でみんなが救えるなら・・・・幸せだよな・・・・?

猫:そう言うのは自分が犠牲になるときに言えやぁッ!!??

ひ:ごめんね、猫さん・・・ッ・・・

天使:猫さん・・・・ッ!

猫:いやだぁああぁぁぁぁあぁぁぁぁあぁ!!!!!!

悪魔:まだ可能性が無いわけじゃ・・・無いわ・・・!

悪魔:みーこちゃんを倒すのよ!

みーこ:今なら惑星くらい壊せそうな気がするにゃ

猫:無茶を申すな!死ぬって!コレ絶対死ぬって!

みーこ:そこのチンチクリンの愛玩動物・・・。

moe:猫さんーお呼びですよー・・?(壁に隠れて

猫:誰がちんちんのオナペットじゃゴルァ!やってやらぁ

尻:コレが後の死亡フラグである

みーこ:なんか凄い破壊力を持っていて着弾した場所から半径30メートルを粉微塵にしてしまうビーム!

悪魔:あれ?

天使:あれ?

moe:AHAHAHA!猫のバカヤロー☆

猫:よっしゃ、これで全員死亡!俺だけじゃねぇ!

ひ:ちょッ!?

ま:最悪・・・

カッッッッ!!!!!

































尻:と、いう夢を見たんだ

moe:AHAHAHA!酷い夢だったねー!

みーこ:んにゃ・・・・お魚・・・・。

猫:対談に来て全員寝て同じ夢みるとは・・・

悪魔:不思議なこともあるものね

天使:寝覚め最悪ですぅー・・。

ま:集団催眠とかそんな感じかしらね?

悪魔:催眠って・・・。

天使:そんな大げさですよぉ!

―僕たちは気づいていなかった。コレもまた、夢の一部であることに・・・・―

                       ・・・・・Congratulations・・・・・・..
  1. 2009/04/08(水) 22:11:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

投票結果報告

moe:いやぁー・・・ぶち抜きましたねー・・・。

天使:ホントですねぇー・・・これはもう気持ちいいくらいにぶち抜きましたねぇー

悪魔:ここまでアッサリぶち抜かれるとは思っていなかったわね。

みーこ:ヌくってえっちぃんだぞ!?moeが言ってた!

moe:何を仰いますかお猫様ぁッ!?

悪魔:こんな所でぶち抜けるなんてねー。

moe:ぶち抜くんですかッ!?ぶち抜いちゃうんですかッ!?アーッ!





投票・・・
ついにッ!エイリアンを超えた・・・ッ!

兎にも角にも風邪なんてたらふく寝てさっさと治しちゃいましょう
対談はそれからだー!

     尻さん




天使:ついに抜いちゃいましたねー・・。

moe:いつかは抜くだろうとは思ってたけどね。

悪魔:というか、もうあの投票自体抜くためにあったようなものじゃない。

みーこ:エイリアンが尻に負けたぞ!?尻って強いのか!?エイリアンぶち抜いたのか!?

moe:「尻」って呼び捨てにしちゃダメだよ。呼び捨てにするにはきちんと段階を踏んで、ゆっくり徐々に呼び捨てに持ち込むんだよ?だから今はまだ「尻の旦那」って呼んでおきなさい。

みーこ:分かった!尻の旦那は強いのか!?

moe:ぶふッ!(笑)


みーこ:ピキッ


<ただいま大変見苦しいシーンが展開されております。手ごろな位置にある漫画を手にとってしばらくお待ちください>










moe:はい、てなワケで尻さんが見事エイリアンをぶち抜き、コースレコードを叩き出しました上に優勝しましたよー。

天使:今回は強敵揃いでしたからねぇー・・。

moe:シーズンON早々にして暑い戦いを見せてくれました。

悪魔:で、尻さんがぶち抜いたのはいいけど・・・どうするのよ?


moe:いやぁー・・・僕もビックリでしてね?だって「エイリアン7票」「尻さん11票」ですよ?

みーこ:尻さん人気には私も驚きだったぞ。尻さんってやっぱり強いんだな!


moe:という訳で、近日中に、というかできるなら明日のうちには尻さんが空か降ってきちゃうお話を書かなきゃいけない気がするんだな。


みーこ:だって尻さんぶち抜いちゃったしな?

悪魔:ホント想定外よねー・・・。

天使:世の中って何が起きるか分からないですねぇー・・。




はい、という訳でこんばんは、moezokuseiです。

上記の対談でザックリ把握していただけたかと存じますが、えぇ、我等の尻さんがエイリアンをぶち抜いて堂々の1位になられました。なんのことだか分からない人はブログ右側の投票欄をチラっと見て頂けると、失笑しつつも理解していただけるかと思います。

さてさて、そんなわけでして、本日はお熱がつらいmoezokuseiは明日に長くなりそうな文章を持っていってですね。ここでコメレスでもして無難に更新を終わろうと思います。




お久ですー
相も変わらずテンション高っ!で面白いですねー
まんがタイムは出るのおっそいですよねー

私もけいおん!にどれだけ業を煮やしたか…
さてサイト移転してみました
リンクよかったらおねですー

       図書館さん




お久しぶりで御座います!

面白いなんてとんでもない、見苦しい駄文に付き合っていただいて光栄で御座います。「光栄」が「後衛」になってしまった俺。普段からどんな変換してるんだYO。と自分に内心ツッコミましたが、それはまた別の話。

リンクさせて頂きましたので、どうぞこれからもヨロシクお願いいたしますね!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/07(火) 19:52:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

そして「あっちこっち」第二巻購入

moe:ゲホッゲホッ!

天使:moeさん・・・?咳なんてしてどうしたんですか・・・?

悪魔:ワザとらしくマスクまでして・・・・。

moe:なんですか?あなた達は、人を心配することが出来ない可愛そうな人類ですか?

みーこ:じゃあ・・・・風邪引いたのか?

moe:熱があるんだよ。37度9部。

天使:馬鹿は風邪引かないんですよ?

悪魔:天使ちゃん、この男は馬鹿の上に「クソ」がつくわ。

みーこ:クソ馬鹿は風邪引くんだな?

moe:貴様等・・・・。




moe:そんなわけで「あっちこっち」第二巻購入してまいりました。

天使:相変わらず可愛いつみきさんにトキメキっぱなしでしたね~。

moe:それよか伊御さんが可愛い気がするのだが・・・!?

悪魔:その発言、大分危ういわよ?

moe:このブログは危うい所でなりたってます。

悪魔:いい環境じゃぁ無いわね。


moe:それよりも、早く三巻でないですかねぇー・・。

天使:ですねぇー・・この手の漫画の最大の難点は発売時期がよめない所にありますよねー・・。

moe:発売時期がよめないだけならまだしも、発売した事実に気付かないってコトもありますからねぇー・・・。

天使:作者さんのHPは小まめにチェックですね。

みーこ:そういえば、あっちこっちドラマCDが発売されているようだな。

moe:これも要チェケ商品なんですけどねー・・・まぁなんといっても今は無駄に出費できる状況じゃないという!

天使:漫画買ってますけどねぇー

悪魔:CD買ってるわよねー

みーこ:魚は買ってくれないのか・・・?

moe:む、無駄な出費は極力抑えてるんだ・・・!





moe:で、話題回帰させるけど・・・。

悪魔:何よ。

moe:風邪引きました。

悪魔:そのようですね。おめでとう。

moe:そんな辛辣な言葉を投げかけるなよ・・・。

みーこ:moeでも風邪はつらいのか・・・?お前、なんか何やってても楽しそうだから実は風邪も楽しいんじゃないのか?

moe:ンなワケあるかよ。熱のおかげで胃が痛くて痛くて仕方ないんだ・・。

みーこ:熱が出るとテンションあがるってお前言ってたもんな?笑いすぎか?

moe:この純真無垢なアホ猫をどかせ、相手するの疲れた。

みーこ:アホってなんだぁっ!にゃぁーっ!!

天使:みーこちゃーんこっち来ましょうねーお魚ですよぉー・・・

みーこ:うわーぃ!って釣られるかぁっ!ナメてるのか貴様等はぁッ!!

天使:みーこちゃんが怖いですぅッ!?

moe:頼むから俺の部屋以外でやってくれ・・・・。





えぇっ!?また私がコメレスするのかぁっ!?んぅー・・・・。みーこですっ。




正直、5人は無理すぎるので
適当に選んでくれたらそいつらで対談しましょう

あっちこっちは2巻持ってるんだぜ!
いいだろーうらやましいだろー!(死

                  尻さん




適当に選んでくれたらって・・・・。んぅー・・・迷うなぁ・・・・、猫さんは来て欲しいなぁ・・お魚の話とかいっぱいできるかもしれない・・・じゃなくて、えっと。うむ!とりあえずメインの二人には来て欲しいな!

あっちこっち二巻は間髪いれずにmoeの馬鹿が買っていたぞ。




光で浮かぶ桜、昼の桜とは違った美しさがありますよね!
「美しさ」って自分で言ってて背中がムズムズします・・・

桜は昼より夜派の私でした
              
              チャボさん



確かにピンク色で凄く綺麗だったな。だけど、見てるだけじゃ暇だったぞ?でも、人が少なくてちょっと空気がいいといえばそんな気もしたな・・・。ちょうど月も見えるいい夜だったしな。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/06(月) 22:46:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜桜

moe:前々から気になっていた異識さんの「あっちこっち!第一巻」をついに購入することが出来ましたぁぁぁ!!!ってか近隣の書店に売ってるなんて思ってもいなかったぜベイベー!そうですよ!ツンデレってこうじゃなきゃダメなんですよ!これだけ頻繁にデレを出してくれないとツン飽きするんですよ!っていうかつみきが可愛すぎてうああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


天使:なんだか魂の叫びが聞こえます・・。

悪魔:私には獣の吼え声しか聞こえないけど。

みーこ:なぁ、moeは猫がすきなのか?それとも猫耳がすきなのか?それとも女の子は全部すきなのか?

moe:女は女でもイノシシみたいな女はなんでしょう!?

天使:そう言うこと言っちゃダメですよ!

moe:答え!女獣(めじゅう)!!!

天使:ダメですってばぁぁぁっ!


moe:そんなわけでしてねー、あっちこっち第一巻ですよ。買っちゃいましたよ。


悪魔:二巻まで発刊されてるのにあえて一巻のレビューやるってどうなの?

moe:大丈夫、二巻買ったときもレビューするから。

悪魔:そう言う意味じゃなくて・・・。

天使:でもつみきちゃんかわいいですよぉぉ!ツンデレですよぉ!萌えですよぉぉぉっ!

悪魔:言いながらみーこちゃんの頭撫でくりするの止めた方がいいと思うわよ。確かにこの子も猫耳だけど。

みーこ:頭よりアゴの下の方が気持ち良いんだけどな(ボソッ

天使:キュンッ

moe:キュンッじゃねぇよ。なんでお前等のバックにぼかしシャボントーンが張ってあるんだよ。

みーこ:んんっ!(咳払い)でっ!あっちこっち第一巻のレビューだろ?早く続けなきゃダメだぞっ!

悪魔&天使&moe:誤魔化しやがった・・・。

moe:まぁ確かに言われてみればそうなのでレビューですぅー。

天使:基本的にホノボノ展開なのでー、キャラクターの駆け引きがお望みの人には向きませんねぇー・・。

moe:ぶっちゃけ、そういう頭使うストーリーは飽きてきたところだからなぁー。やっぱりこういうホノボノ展開も最近悪くないなと思うんだよ。

悪魔:読んだ後に何かやろうかなって思えるわよね。

moe:そうそう、なんか最近の週刊誌のマンガは無駄にややこしくなってきちゃってねー、単行本とか10巻連続で読むと疲れるんだよねー・・。あと、悪魔が「やろうかなっ」とか言うとすげぇ可愛いことに今更気がついた。お前ルックス良いんだからもっと甘えた感じに喋r、あ、ゴメン、なんでもないレビュー戻るから、戻るからああああああ助けておじいちゃあああっ!!




moe:その反面ね、このマンガは読み終わった後に「さー、ブログ更新するかなー」って思えるんですよ。ていうかホントつみきさん可愛いな。流石メインヒロイン。

みーこ:わ、私も・・・髪の毛伸ばせば可愛いと思うか・・・?(上目使い+赤面


moe:お前はそのままが一番だ・・・・・!

天使:ここで補足ですけどー・・・つみきさんの猫耳は多分性格的な描写であって、つみきさん自体が特異な体質とかそう言うアレでは無いのですよぉー。

moe:っていうかホントああいう漫画いいな!俺のブログみたいにホノボノしてるよねっ!


天使:ホ・・・・ノボノ・・・?

悪魔:この・・・ブログが・・・?

みーこ:一回キャラクター以外の背後がモザイクで埋まる描写があったよな。


moe:あーあー分かりましたーホノボノじゃないですぅー殺伐としてますぅーこの人数で派閥すら生まれてますぅー。





moe:で、話し変わって。

悪魔:ていうか今日はよく喋るわね。

moe:ホントだね、今日は天使が静かなもんだ。

天使:みーこちゃんは何が好きなんですかぁ・・?

みーこ:焼き魚。

天使:くぅぁぁー・・・(悶絶


moe:・・・・あぁ、静かなんじゃなくて会話に参加して無いだけでしたね。

悪魔:えっと・・・それで・・・そうそう、今日は夜桜を見に行ってきました。

moe:綺麗だったねー・・。

みーこ:あの桜の木はいいな。爪とぎに最適だ。

moe:最低限、花の感想を述べようぜ。

090405_1840~0001


090405_1839~0005

090405_1841~0002


090405_1859~0001


天使:綺麗でしたよねー・・・。

みーこ:綺麗だったけど、見るだけでつまんなかった・・。

悪魔:じゃあ、みーこちゃんは何があったら楽しかったの・・・?


みーこ:んぅ?んー・・・んー・・・・んー・・・・・・・・お魚?


moe:ま"-ま"-ま"-!!!


悪魔:みーこちゃん"アレ"から離れて!危険よっ!

みーこ:んにゃぁっ!?あーくぅーまぁー!離せー!暑いぃー!

moe:俺の海綿体が猛るぅッ!!

悪魔:どこ猛らしてるのよッ!?ちょっとこっち来ないでッ!!


みーこ:シネっ!変態っ!


moe:そんなビームサーベルが俺に効くかああああああああああああああ!!(雄叫び)ああああああああああああああ!!!!!(断末魔)


moe:そんなわけで今年初のお花見だったけどどうでしたよ?

天使:そんなわけってどんなわけですか?ってツッコミは置いといて。

moe:ジャスチャー古いなッ!?って文章じゃ伝わりにくいツッコミも置いといて。

悪魔:やっぱり気象が狂っちゃってるみたいでもう散り始めてる桜があるみたいよ・・。

みーこ:こんなに綺麗な星が汚れていってしまうのは残念だな・・・。

moe:だから俺たち新しい世代が、自分の両手を広げた範囲だけの地球環境でも大切にしていかなきゃいけないんだよ・・・。


天使:m・・・・moeさんが真面目ですっ!?

悪魔:明日地球は割れるわね。

みーこ:地球崩壊の原因はmoeに有り・・・っと。

moe:たまにはカッコつけさせんかね?






んっと、なんだか好評だったようなので・・・・二回目も私がやることになった。よろしく。

ん?・・・あ、自己紹介忘れてた。・・・みーこです。よろしく。





>突発企画
ホントに君は無計画だな!
そんな君が嫌いじゃないゾ!(ウザい
その企画はアレか
俺は5人頑張らなきゃ行けないのか殺す気か
おもしろそうなので時間見つけて是非やりましょう

                 尻さん



ホントに無計画だな。私もそう思う。ぇー・・・嫌いじゃないのか。その点ではちょっと意見が食い違うな・・。むぅ。
むむっ!尻さんは5人も連れてくるのかぁー!賑やかだな!?賑やかになるな!?青森にも美味しいお魚はいるのか!?



みーこさんレギュラー入り、尻さんとの企画と面白そうな展開に!

期待しちゃいますよ~!

                  チャボさん



んと、私がレギュラーになんかなってよかったのか?やっぱり・・・なんだか不安だ・・・。
m・・・・moeが無計画なんだからな!?わ、私がやりたいとか言ったワケじゃ断じて無いんだからな!?

えっとえっと・・・期待してくれてありがとう(!?)



続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/05(日) 23:46:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

第三回

moe:という訳で。

天使:尻さんのブログにあやかって!

悪魔:大変申し訳ないのですが・・・。

みーこ:なんかレギュラー入りしたぞ・・・?

moe:だって我ながらみーこさん可愛いんですもん。

天使:そりゃ可愛いですよぉ!猫さんですよ!?耳ですよぉぉぉぉ!!

悪魔:みーこちゃん。こういうのを地球じゃ変態って呼ぶのよ。

みーこ:阿鼻叫喚だな・・・?

悪魔:地獄絵図ね。

みーこ:大変だな。





そんなワケで。なんだか一人キャラクターが増えました。昔書いてた小説のキャラなんですけどね。ロリっ子成分がブログにあっても良いじゃないかと思いましたので。みーこさんもレギュラー出演です。

そんなワケで、投票がグリグリ集まりつつあるので次回の更新あたりで消化しちゃおうかなぁと思っています。


それにあたって、尻さんとガチでスカイプ対談しちゃおうかなとか思ったりしていますけれど、リアルタイムで天使と悪魔とみーこを喋らすことが出来るのかは俺の技量しだい。

頑張りたいなとも思いますが相手方の尻さんからはまだ許可は愚かこの企画すら投げかけていません。相変わらず突発思考のmoeでした。




悪魔:言ってみればかなり迷惑な企画よね。

天使:ですよねぇー・・・でもmoeも必死なんですよ。

みーこ:必死って何に必死なのだ?

moe:大きい声じゃいえないが・・・俺はカウンターの数字が毎日二桁行くのを目標にしていてな・・・グヘヘヘ・・・

みーこ:どんなに小さい声で言ってもみんなに聞こえてると思うぞ。

moe:この子、身も蓋も無いわ。

悪魔:それにしても、ホントに愛玩動物よね。この子。(みーこの頭を撫でながら

みーこ:んにゃぁー!猫扱いするなぁ!噛むぞ!

天使:それにしても今日も久しぶりにネタが無いですねー・・。

moe:まさか天使がそんなこと言うなんて思ってもいなかった。思っても心の内に止めておいてくれるいい子だと思ってたのに。

天使:見くびっちゃダメですよぉー?コレでも私天使ですから。

悪魔:天使って基本的に何する人たちなの・・・?

みーこ:主に家でゴロゴロして、たまに人とか救うらしいぞ?moeが言ってた。

天使:moeさん、あとでちょっとお話しましょう・・・。

moe:拳を握り締めてどんな話をするんですかね?

みーこ:なぁ、ネタが無いのにグダグダ喋るのいい加減見苦しいから終わりにしないかぁ・・?日向ぼっこしたい・・・。

悪魔&moe&天使:うわ・・・猫だ・・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/04(土) 13:12:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一言、言い訳。

ドラムの前に座って。

15秒でソロやれって言われると凄い厳しいよね。

ソロにも起承転結が欲しいからさ。

次第にゆっくり始めていって、徐々にテンポや音数を増やしつつ、盛り上げていく。そして最後にビシッと決める。

となるとですよ。

私の場合色んなテンポで色んなソロをする性質なのでですね、15秒でソロって言われてもてんで構想が思いつかないわけですよ。

で、ソロというからには自分のできる技巧を見せ付けなくちゃならない訳で・・・・となるとやっぱり最終的には手数!?グルーブドラムだと分かる人は分かるが、パッと聞いて一発で「おお!」ってなるのってやっぱり手数だよな!?って感じになっちゃう訳ですよ。

となるとです。15秒で起承転結も何も無くとにかく手数で叩くとですね。


テンポ駄々狂い。叩いていても面白くない。聞きなおしてみても最悪。

もうドラマーっていうか人間止めたくなる。


だから15秒でソロなんて無理。

15秒じゃ遊べない。15秒で遊べるやつは神と呼んであげよう。

という訳で、ケータイの動画をうpする方法を模索しないと。

ていうか、auのケータイとパソコンを接続するアダプターへぼ過ぎ。どうなってんだよコレ。ケータイ認識しないし、USBドライバーがみつかりません?

ホトホト使えない有様にイライラは積もるばかり。

そして明日こそはまともに更新したいなとか思う深夜1時半のマイルーム。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/04(土) 01:28:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そしてここにも

moe:我が家にある三つの家訓を確認しよう。ひとぉーつ

悪魔:御飯を残すべからず。作った人に感謝して最後まで頂きます。

moe:ふたぁーつ

悪魔:醜い争いをするべからず。互いを思いやり尊重します。地球人類みんな友達。

moe:みぃーつ

悪魔:みだりに我が家に捨てられた気の毒な生物を拾ってきてはいけません。moeはそういう生き物に弱いので飼ってしまいますが食費だって馬鹿になりません。

moe:天使よ。言いたいことは分かるな?

天使:嫌です!絶対嫌ですからね!?この子は、この子は絶対もう一人にさせないんですからぁ!!

moe:いやいや、確認しておこう。これはどう見てもお前が想像しているようなただの猫じゃない。というかもう見るからに猫じゃない。パーセンケージ的には「人97%」「猫3%」ってところだ。ということはこれはもう人だ。

天使:耳が有りますもんっ!猫さんですよぉ!

猫:猫だぞ?

moe:いやいやいや、人語を解してる時点で既にコレは猫じゃない。というかもう人でもない。言うならばエイリアン、日本語で言うと宇宙人だ!!


猫:ふむ、地球人にも鋭い洞察力を持つ輩が居たのか・・・ふむふむ・・。この情報は我々にとって実に有効な情報だ。

moe:というか、俺は貴様をどこかで見たことがある気がするぞ・・・・どこで、どこで貴様を見たのか・・・・・。

猫:忘れたのか・・・・一年も昔、貴様が自分で描いた小説の内容を!!!

moe:まさか・・・・お前は・・・・みーこかっ!?

090402_2037~0001

みーこ:ようやく・・・思い出したか。長かったぞ、貴様が私を次元の狭間の真実の内の虚実に半永久的に閉じ込められるのは・・・・なかなか苦痛だったぞ。


moe:直訳すると、彼女が登場していた小説は17話を境に更新されていません☆

悪魔:ということは・・・・あれなの?昨日の企画の続きで・・・。

moe:YES!その通りさ!この子も昔俺の小説に居て、出番を心待ちにしていた一人なのさ!

天使:え!?じゃあ冒頭のアレはなんだったんですか!?

moe:・・・ふ・・・伏線・・・?

悪魔:随分安易な伏線を用意したわね。元小説作家志願者。

moe:それは言っちゃダメですYO☆


天使:っと言う訳で!今回ブログにゲスト出演していただいているのは<宇宙人が居る生活>からお越し頂いたメインヒロインのみーこさんです!!

みーこ:説明ご苦労。

悪魔:補足しておきます。みーこさんは人口爆発のため食糧危機に陥っている母星を救うため新たな繁殖地を求めて地球に下りてきた宇宙人さんです。

moe:悪魔が「さん」とかつけるとなんだか萌えるのは秘密。

悪魔:堂々と公言してるわよ?そんなあんたに殺意が芽生えたのは秘密。

みーこ:で、なるほどな。これがブログというヤツなのか?これがネットに公開されるのか?

moe:あー・・あんまり触らないで壊れるから!

みーこ:なぁなぁ、これはなんだ?

天使:それは照明って言って、私達がカメラに映ったときに映像が少しでも明るくて鮮明になるための道具ですよぉ!

みーこ:でもこれ、結局動画は配信されていないぞ?

悪魔:世の中にはツッコンじゃいけないこともあるのよ。

みーこ:そうなのか?難しいな・・・(小首を傾げつつ

moe:みーこさんみーこさん。ちょっととりあえずニャアって鳴いて下さいよ。

みーこ:なんでだ?

moe:ブログにゲスト出演した人は必ずしなくちゃいけないシキタリなんですよ。

みーこ:そうなのか・・・、それなら仕方ないな・・・・・にゃぁ!

moe:☆♪&$%”#○×△∽♂・・・!!!!(頭を抱えて転がりまわる

みーこ:なぜだか知らないが腹が立ったぞ?蹴っていいか?

moe:無理です。勘弁してください。僕の小説のヒロイン達のキックやらパンチやらは総じて殺傷力がデフォルトで高いので・・・!

みーこ:私の爪はナイフよりも硬いしな・・?

moe:そういえば第三話でナイフを爪で斬ってましたねぇ・・・あんたは。

悪魔:内輪ネタはやめない?読者居ないから全然わからないわ?

moe:読者いないとか言わないで。居たって設定だから。居たって思わせて。

天使:でもカウンターの表示はいつも「今日<1>」「昨日<1>」でしたよね。

moe:あ、流れ星だー!

みーこ:これが現実逃避というヤツなのか?

悪魔:違うわ。彼には最初から現実なんて見えていない。

みーこ:可愛そうだな?

天使:哀れむ心も持てませんねー。





んむぅ。なぜか私がコメレスだ。ん?名乗ったほうがいいのか?えっと・・・じゃあ、うん。みーこだ。コメレスする事になった。よろしく。




一瞬「尻さんとエイリアンが接近戦を繰り広げてる」に見えたのはナ・イ・ショ(キモい
勝てる気がしないけどね!

moeさんの四十八手を見れるのを楽しみに待ってます


                  尻さん




エイリアンと接近戦・・・?火星人なら肉体は貧弱だから接近戦なら勝てるだろう。ただし我々はやめて置く方が懸命だな・・・。人間如きの使う銃弾などよりも早く間合いをつめることができるからな!

ん?そうじゃないのか。難しいな。コメレスとは・・・。




悪魔ちゃん、お嫁に行けないなら私がもらi(ry

エイプリルフールって気がついたら過ぎてるんですよね
毎年嘘考え損ですもん(笑)


             チャボさん



地球はユニークなイベントが一杯あって楽しいな!なんで四月一日は嘘吐いていいんだろうな?
ん?聞き返したらダメなのか?相手がいるなら会話するべきだろう?違うのか?むぅー・・・全然わからんっ!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/03(金) 01:21:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

四月一日だってよ

moe:エイプリルフーールですよ!

天使:あと二分で終わりですけどね。

悪魔:この記事投稿する頃にはエイプリルフールは終わってるわよ。

moe:毎年、嘘吐き損ねてるなぁー・・・・まぁ、「正直者なんです!」って主張できるから良いけどサ

天使:え?正直者?どの口が言いますか?

moe:言ってくれるね破廉恥娘。貴様のベッドの下に某新婚夫婦の夜の生活を応援する手ほどき漫画が隠してあるのを知ってるぞ。

天使:人の部屋漁らないでください!!

moe:エイプリルフールの嘘のつもりだったのですが。

悪魔:自爆ってこういうことを言うわけですね。

天使:なぁっ!?べべべべっ!別にそんな本無いですもん!!

悪魔:天使ちゃん諦めなさい。大丈夫、私はそんなことだろうと思ってたから。

天使:そこはかとなくショックですぅ!?

moe:美少女はあの手の本買っても店員に「彼氏と仲良くしたいんだろなぁー」ってホクホクした目で見られるだろうケド俺があの手の本買ったら「汚れた獣がこんなモン読んでなにするのやら、やれやれティッシュは大切に使えよな」くらいに思われるんですよね。

悪魔:そこまで痛烈に悲痛なコト思われてるかどうかは別として、あんたにあの本は必要ないわよね

moe:勿論さ、四十八手をマスターしている。

悪魔:そう言うことじゃなくて・・・・。

天使:moeさん凄いです!あんなの全部覚えられないですよぉ・・・・。

悪魔:そこ食いつかない。

moe:あ、エイプリルフール終わったわ。

悪魔:唐突に話題が回帰したわね・・・。

天使:毎年毎年こういうイベントに乗り遅れてますよねー・・私達。

悪魔:というのもこの男が時間・・・・というか全てにルーズなせいなんだけどね・・。

moe:全てにルーズだなんて酷いじゃないか。

悪魔:じゃああんたがきちんとやってることって何があるの?

moe:・・・・・思いつきません。

悪魔:思いつかないんじゃなくて無いのよ。皆無。無。

moe:そんなに言うこと無いじゃないか!

天使:そうですよぉ!moeさんは四十八手の使い手なんですよぉ!?

悪魔:また話題を回帰させたわね。堂々巡り?イタチゴッコ・・・?



moe:そう言えば昨日さぁ、昔かいた小説のキャラクターが夢にたくさん出てきて、磔にされる夢みたよ。

悪魔:またそんな下らない嘘を・・・・エイプリルフールは終わったわよ?

moe:なぁ、俺のことを罵倒したりとか罵ってくれるのは結構だけどさ、ホント冷めた目で見るのだけは止めてくれないかな・・・?


悪魔:セクハラ変態の下半身男なんかに温かい視線を向けることは出来ないと思う。

moe:温泉の件で怒ってらっしゃるようですけど、俺悪く無いじゃん。悪いの破廉恥天使じゃん。

天使:破廉恥って言わないでください!


悪魔:で。いい加減話題が進まないから聞いてあげるけど・・・・磔にされたから何?

moe:多分アレはもう一回自分達に出番をよこせって言うことなんだと思うんだよ。

悪魔:また都合よく解釈したわね・・・・。

moe:そこで、今回はゲストとしてこの方にきていただきましたあああ!!

桜:きゃっほぉぅー!ひっさしぶりの出番で桜ちゃんは胸がドギマギしちゃってますよぉ!



















































悪魔&天使:とんでもないのが、来やがった・・・・。


桜:ってコトでmoeさんはお久しぶりですぅ。かれこれ一年ぶりですかぁ?

moe:恐らくはそのくらいだと思いますよ。

桜:で、ここにレギュラー面して座ってる愚かなおにゃのこ二人はどこのどいつでごぜーますかぁ?♪

moe:レギュラー面して座ってる・・・・じゃなくてレギュラーなんですよ。で、あんたはゲスト。そして音符使っても全く文章が和やかじゃないから。むしろ殺気立ってるから。

天使:えとえと・・・・始めまして・・。

悪魔:始めまして・・・・活躍の方は常々聞いております・・・・。

桜:元気が75%足りないですぅ。そんな輩がレギュラーだなんて世も末ですぅ。moeさんみたいにすっかりぶっ壊れちゃったくらいが丁度良いですぅ。この人はもうぶっ壊れすぎて社会の枠組みのなかにとどまれないですけどぉー・・。

moe:まさかあなたに言われる日が来るとはお天道様も予測がつかなかったでしょうね。

天使:えっと、そんなわけで桜さんに来ていただいたわけなんですけれどー・・・moesさん?企画の方は・・・?

moe:考えてない。

悪魔:全く?

moe:ミドリムシほども。

悪魔:どのくらいのサイズか全く分からないわ・・・。

桜:こんくらいですよぉーミドリムシさんはー(指でサイズを示しつつ)葉緑素とか持ってるんですぅ。原生生物さんですぅ。

moe:へぇー・・・そーなんだ。

悪魔:知識皆無で比喩したあんたに驚嘆せざるを得ないわ。

桜:ぶっちゃけた話、私を除いたここにいる連中よりもミドリムシのほうが一万倍高尚な生き物ですぅ。

moe:いやいや、流石に俺といえどもミドリムシレベルよりはマシかt・・・・・(眉間に突きつけられる禍々しく鋭い刃)

桜:頭の中が空っぽで良いですねー☆飛び散らないですみますよぅー・・・?

moe:桜さん桜さん、銃刀法って知ってらっしゃいますか?そして、私の頭の中には無駄な知識で肥大化した脳味噌が一杯つまっていますよ・・・?

桜:事実かどうか、あけて確かめますかぁ・・・?

moe:遠慮します。私共はミドリムシは愚かプラナリアやミジンコにも劣る下等生物で御座います・・・・・。


桜:理解することは大切ですよぅー。自分の脆弱さを知ることであらゆる生物は進化を遂げますぅ。ダーウィンも言いました「ちょっとコーラ買ってきて」


悪魔:ダーウィン関係なくないですかッ!?

桜:誰がツッコミを許可しましたか。罪には罰をぉ~☆

悪魔:え!?ちょっ!まっ・・まって、まってください、やめてっ!んっあっ・・・あぁあああぁああぁああぁ!

<男の子にとっては大変幸せな光景ですが清く正しい青少年が閲覧していることを考慮し、そのままの体勢でしばらくお待ちください>


悪魔:も・・ぅ・・・・お嫁いけない・・・・。


桜:うふふぅ~テンションあがりますよぉー!上がりまくりですぅ!今夜は寝ないぃー!

moe:と、盛り上がってきたことろでmoeはお風呂に行きたいのでブログの更新を終了しまs、え!?桜さん!?ちょっとまってください!それなんですか!?そんなもの私はみた事がなっ!あああああああああああああああああああ!!!



<大変グロテスクなシーンが展開されています。文章描写では物足りないのですが絵を描く余力も無いのでそのままの体勢でしばらくお待ちください>

moe:も・・・ぅ・・・・お嫁にイケナイ・・・。


天使:moeさん!?あらぬものが出ちゃってます!これしまえるんですか!?しまわないと大変ですよぉ!!??凄く内臓的なものg・・え!?桜さん!?まってください!私に非は無いですよぉ!?


桜:ここまで来ちゃえば皆一緒にですぅー♪


天使:moeさん!?起きてください!起きたら凄くイイコトしてあげますからぁあああああ!そこっ・・・・んっあ・・・・ぅにゃああああああああああああああ!!



<こうしてセクハラな夜も更けるわけですが対談するには幾分人数が足りなくなりましたので更新を終了しまs。え?ナレーターもですか!?桜さん!?ちょっ!おまっ!やめ!たすけてえええええええええ!!!>






と、言う訳で一人になってしまいましたぁー☆桜ちゃんですよぉ!あれ?これバックになんでモザイクかかってるんですかぁ?-・・あー・・・なるほどですぅ、年齢制限的なー・・あー・・・はいはい、了解しましたですよぉ!こんなモノまで対象年齢とか指定されちゃうなんて世知辛い世の中ですぅ。

じゃあ、サクサクっとコメレスしちゃいますよぉー!


新生活も要は慣れですな
飯も遊びもフリーダムなんで慣れたら素晴らしいかも(笑)

おにゃのこパゥワーで頑張りましょう!


               チャボさん



フリーダム程楽しいことは無いですぅ!おにゃのこパゥワーは各種書店さんでも二次元分は補給で来ちゃう便利な世の中ですぅ!




あれ?おかしくね?
なんで4票も入ってますかね?
え?なんで?

いやね、別にゲスト出演なら喜んで飛んで行くんですけどね?って言うかむしろ呼んで(殴

                                尻さん




ホントですぅ・・!尻さんとエイリアンが接戦を繰り広げてるですぅ!デッドファイトですぅ!

ゲスト出演おkですかぁ!?ぜひぜひ来て下さるとmoeも喜ぶと思いますよぉ!




話を面白おかしくするならエイリアンだと思ったので
エイリアンにしておきましたb

これ果物とか鉄材が落ちてくる場合のネタって
結構限られちゃう?そんなことないかw

                ヤフィーさん



果物が落ちてきても鉄材が落ちてきてもストーリーは千差万別ですぅ!可能性は無限大、ワームホールもどこまでも続いてるですよぉ!神秘の宇宙ですぅ!

・・・・我ながら意味がわからないですねぇ~・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/02(木) 00:41:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

brownkan

Author:brownkan
最近、ギターが楽しい。

あとHN変えました。

夏だね夏。あっづー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
日記 (209)
ゲーム (14)
ドラム (2)
東方 (2)
(0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。