ヲタ亭

そろそろブログタイトルが飽きたので、ここら辺でブログタイトルを変更いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

降ってくる

四月も中盤。空には燦々と輝く太陽、絶好の洗濯日和だ・・・。パンパンとmoeさんのワイシャツを叩いて伸ばし、物干し竿にかける。気持ちの良い春の風が駆け巡り、誰知れず私は微笑んだ。
「んっ・・・んー・・・・!」思いっきり伸びをして息を吸い込めば、少し冷たさを孕んだが息が肺一杯に溢れる。屋内ではまだ寝ているであろうmoeさんと悪魔ちゃんとみーこちゃん。休日は昼まで就寝。がセオリーの彼等は耳元でどんなに叫んでもピクリとも反応しなかった。

まぁ・・・・一人の方が気楽で良いときもあるんですけどねぇ~・・・。密かに心中呟いて、新しい洗濯物を物干し竿にかける。こういう単純な作業を一人でやっているとき。不思議と私は心が和んだ・・・。とくに、こういう風に天気が良いときは・・・・。普通の女の子は天気が良いときは心弾むモノなのだ。















で、あるからして・・・・普通の私の頭を疑わないで欲しい。家の前で人が倒れていた話を境に、私はなんだか頭が可愛そうな子みたいなイメージっていうか先入観が生まれてしまったらしくて、あちこちで「天使ちゃんは痛い子」って評判らしいのです。

で、今日もまた私はなんだか自分のスタンドになりつつ「不幸」を引っ張り寄せたようです。






「ふんふー、ふんふんふふーん♪」最後の一枚の洗濯物を物干し竿にかけ、丁度口ずさんでいた鼻歌も終わる頃にー・・・・背後で異音がした。その音は凄く表現しにくいのだけど『ドバタッ』と聞こえなくも無いし『ドグチャッ』に聞こえなくも無いし『ドバグチャタッ』に聞こえなくも無い・・・。なんというか、とりあえず私が聞いた音声の中で1番近いのは豆腐を床に落とした時の音。そんな感じの音が・・・・辺りに響いた。背中に飛んできたなんだか生暖かいものを気色悪く思いつつも、私は振り返った。

そこにはもう有象無象のアレな感じの物体が四散していた。赤かったり白かったり黄色かったりで阿鼻叫喚。地面に広がるアレな感じのアレは吐き気すら催す悲惨さで地面に半分めり込んで、その原型を止めていなかった。

「・・・・・ひぁ・・」腰が抜けてペタンとそこに跪けば、運悪く起床したmoeさんたちが異音に驚き家からゾロゾロと出てきちゃうわけで・・・・。




























moe:で、コレ何。

天使:わ・・・・わからないですぅ・・・。後ろでとんでもない音がしたと思ったら・・。

悪魔:なんだか・・・凄く、アレな感じよね・・・えっと、その・・・なんていったら良いのか分からないけど・・・・18禁・・・?

みーこ:とりあえず、モザイクかけような?ここら辺とか多分<ピー>だと思うんだ。で、これが<ピー>で<ピー>。あー<ピー>も出ちゃってるな。

moe:ピー音被せたらなんだか余計危ない感じの発言になったな。

みーこ:ちなみに、ざっと<ピー>を見たところ、こいつは人間だ。

moe:え?このトマトが?

悪魔:潰れたね。

天使:なんで皆さんそんな冷静なんですかぁっ!?目の前で人(!?)が死んでるんですよぉっ!?

moe:いやー・・・だってお前、これどう見てもちょっと生臭いトマトだよ。いうならば、豚とトマトの煮込みみたいな。

天使:止めてください!イタリア料理嫌いになっちゃいますッ!!

みーこ:そうは言っても、ここまで酷く潰れちゃうと、元が誰なのか割り出すものアレだな・・・。

moe:みーこさんの異性人パワーでなんとかしちゃってくださいよ

みーこ:無茶を言うな・・・。機材とか色々揃ってれば五分も掛からんが・・・・今の環境じゃ割り出すことは出来ん。

moe:そうなのか・・・・・。


天使:あの、あのあの・・・・警察呼びましょうよぉ・・・。


天使を除く一同: ・・・・・・。

天使:はぅぁッ!?なんですかッ!?なんですか!?その目はぁぁぁッ!!?「空気読めないヤツだなぁ・・・・良くこんなんでヒロイン名乗ってられるよなぁ・・・・ていうかレギュラーメンバー名乗るのもおこがましいだろ(笑)」って目はああああ!!??目が口ほどにモノを言ってますぅぅぅッ!怖いですよぉ!?


moe:ツッコミ以外に需要なし(ボソ

悪魔:"自称"天然キャラ(ボソ

みーこ:テンションだけのアホ(ボソ

天使:止めてくださいぃっ!?泣きますよぉっ!?泣いちゃいますよぉっ!?

moe:お前の体重が先月よりも2キロ増えたことを俺は知っている(ボソ

天使:はにゃぁっ!?何を言っちゃってるんで"しゅ"かぁぁぁぁ!?!?

moe:しゅ・・・・?

みーこ:噛んだな。噛んだ。

悪魔:さすが、"自称"天然キャラ。

天使:そんなの自称した覚えないですよぉぉぉぉっ!?





moe:で、どうするんだ?


悪魔:・・・・棒線一本で仕切りなおせるんだから便利なモノよね。

moe:君が言っている言葉の意味が僕には全然、全くパーフェクトに理解できない。

天使:というか・・・・これはどうしてこんな状態になっているんですか・・・?

みーこ:落ちてきたんだと思うぞ。

moe:落ちてきた・・・とは?

みーこ:落ちてきたんだよ。空から。

悪魔:空って・・・・どのくらいの高さから?

みーこ:まぁ・・・・損壊具合を見る以上、573メートル以上だな。

天使:なんでそんなことが分かるんですかぁ・・・・?

みーこ:人間の落下最高速度はおよそ300キロ。573メートルで最高速度に到達し、以後、人間の体はそれ以上の高さから落下したとしても最高速度は変わらない。と、するならば頭骨の損壊具合、落ちたときに衝撃で粉砕したであろう骨の断面を見れば・・・・大体の速度は推測できる。

天使:さすが・・・さすが、宇宙人さんです・・・!

moe:宇宙人関係ないと思うけどね。


みーこ:で、推測した所、この死体は最高速度でここに落下した訳だから・・・・573メートル以上落下した。という曖昧な答えしか出せない訳だ。

moe:で、状況はほぼ全く進歩していないと。

みーこ:それよりも、まずコレが誰か調べる必要があると思うぞ・・・?

悪魔:この・・・モザイクの中に・・・手を突っ込むの・・・?

天使:パスします。

みーこ:わ・・・私もヤだ・・・。

悪魔:絶対・・・・無理だから・・・。

moe:え?なんですかその目は?やれってこと?やれってこと?汚れ仕事担当?このトマトの中から本人を特定できる物品を探せと?インディージョーンズでも呼んでこいよ、アイツ、隠された秘宝をトレジャーするの得意だろ?

天使:m・・・・moeさん・・。

moe:なんですか?アホ天使。

天使:私の聞き間違いなら良いんですけど、名前の前に妙な称号がつきましたね?じゃなくて・・・。その・・・・えっと・・・・噛まれたら私達逃げますからね・・・・?

moe:え?この死体噛むんですか・・?

みーこ:そういえば・・・・ハラニスンデルー星人というヤツが居て、普段は宿主の体内で大人しくしているが、宿主が死ぬと死んだ身体を乗っ取り、宿主と同じ種族の生き物を食い荒らすヤツ等もいるな・・・・。

moe:すみません。それって今からグロトマトをかき回す人に向かって言う言葉じゃないよね?ねぇ、グロトマト焼いちゃうよ?焼いて良いの?

悪魔:い・・いいから早くやりなさいよ・・・。


天使:・・・・。

みーこ:・・・・。

moe:・・・・なぁ、悪魔よ。

悪魔:な、なにょぅ・・・・。


moe:なんでそんな後ろに居るんだい?

悪魔:う・・・うるさいっ!馬鹿!早くやらないと石投げるわよッ!?


moe:ツンデレだー・・・ツンデレだよ・・・・。

悪魔:投げるわよ・・・・ッ(直径30センチの石を持ち上げて。

moe:AHAHAHA!トマトをかき回すのは楽しいなぁ!お父さん頑張っちゃうぞッ!

















<NAME  尻 >



悪魔:ネーム・・・尻。

天使:尻・・・?

moe:どこかで聞いたことある名前だ・・・。

みーこ:なぁ・・・moe・・・もうグチャグチャしなくて良いぞ・・・?これが誰だか分かったし・・・。

悪魔:尻って・・・・ヤマダギ屋さんの・・・・ところの・・・?

天使:えー・・・っと、ごめんなさい、今回ばかりはついていけてません。

moe:うは、なんか硬いの見っつけた、なんだこれぇー!うは!おもしれー!

悪魔:moe!いい加減にしなさいよ!?いつまでもそんなもので遊んでるんじゃ・・・・・な・・?

天使:悪魔ちゃんどうした・・・・の・・。

みーこ:・・・・moe・・・それ・・・・なんで・・・動いてるんだ・・・?


moe:あ・・・れ?俺の手・・・、なんかおかしい・・・?うご、動いてるっ!?血がっ!血がぁあああぁあぁあぁぁああぁああっっッ!!!


みーこ:moe!?口を開けるな!乗っ取られるッッッ!!!


moe:くそッ!?血が!俺の中に入ってくるだとッ!?あああッッ!!!クソッ!血が!!血が"生きて"やがるッ!!!

悪魔:なんで・・・・!なんで血が勝手に動き回るのよ!?

天使:た、助けて・・・!m・・・・moeさん!?またふざけてるんですよね!?ねぇッ!!

moe:ぁあぁあぁぁああぁああ!!!痛ぇッ!!!痛えぇええぇぇぇぁああぁああぁぁあああぁッッ!!!!!

みーこ:クソッ!!逃げるぞッ!!

天使:ま、待ってください!みーこさん!!


悪魔:ねぇッ!行かないで!!腰が、腰が抜けて動けないのッ!!ねぇッ!!行かないでッ!

moe:あ・・・ぁ・ああ・・・ぁぁああ・・・・・。

悪魔:こ・・・・こっちに来ないで・・・こっちに・・・こっちに来ないでッッ!!

moe:腹ヘタ・・・。腹・・・・食イテェ・・・・。

悪魔:こっちこないでッ!嫌・・・・イヤ・・・・あぁああぁああぁぁあああぁあああぁあああぁぁああ!!!!!













































moe:・・・・・なんだ、夢か・・・。


一同:最悪だッ!!




はい、てなワケで楽しい楽しい「尻さんが降って来ちゃうお話」。

ようやくかけましたー!

尻さんとは対談していたので今回は尻さんセリフパート無しで、なんだか人のことを乗っ取る寄生体みたいな不名誉な役で登場しちゃいました。



申し訳有りません(深々


それでも何とかアレな感じに纏まったので、よろしかったら恐怖に慄く悪魔ちゃんの顔でも想像して、腕の中で震えるツンデレっ子を慰める妄想とかしてください。個人的には悪魔ちゃん凄い可愛いと思いますよ?あの子が

「私・・・・○○にだけなんだからね・・・・こんな風にするの・・・」とか言って胸元に抱きついてきたら・・・・。






























たぶん大家族になりますね。自分。




そんなワケで、尻さんにはこの上ないほど感謝しております。それでも感謝が足りない自分はちょっと山に篭って感謝の特訓でもするかな・・・・!とか思いつつ「そんな暇があれば良いんだけどな・・・」などと現実に引き戻されて・・・・。なんだか湧き上がった苦しさを紛らわすために・・・・。









―コメレス―


今日はよく文字のサイズが変わるな。とか思った人も多いコトでしょう!多いでしょう!多いよね!?




私もネタを溜めることができない質なので毎日画面とにらめっこですよ

でも最近は毎日じゃなくなりましたが(笑)


              チャボさん




ネタは溜めちゃうと新鮮さが失われてしまう気がして、ネタが思いついたら直ぐに文章にしています。本当はもっと小出しにしたいんですけどね・・・(汗

また近いうちにネタ切れ注意報が・・・。




真面目な話だなぁ・・と思って感心してたら
やっぱりmoeさんだなぁとwwww

とりあえず楽しく書ければいいですよね!


             図書館さん




真面目に語っていてもmoeはmoe。結局どこかで地が露呈して「あぁ、やっぱり底の浅いヤツだわ」とか思われてる損な人です!

でも実際、底が浅い人間だから仕方ない!(駄

文章は楽しんでナンボですよね!楽しくない文章は文章じゃないです!どんな文章にも楽しさを、ユーモアを!

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/12(日) 00:00:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<さてさて。 | ホーム | 本日二度目の更新>>

コメント

こんなところで寄生生物になれる夢が叶うとは・・・
moeさんありがとぅーっ!

夢オチはね、あまりやるとアレなんですよ
アレです
そう、アレ
だからアレしておいたほうがいいですよ?
え、俺ですか?俺はアレだからもう大丈夫なんです
アレですから
  1. 2009/04/12(日) 10:03:17 |
  2. URL |
  3. 尻 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuika622.blog77.fc2.com/tb.php/78-da37292c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

brownkan

Author:brownkan
最近、ギターが楽しい。

あとHN変えました。

夏だね夏。あっづー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
日記 (209)
ゲーム (14)
ドラム (2)
東方 (2)
(0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。